人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

霜月最後の霜の朝

霜月最後の霜の朝_e0303187_23115621.jpg

寒さも本気を出してきたなぁ。
今朝の散歩道の白さはちょっとすごかった。
白いタランチュラの群れのように見えるニンニク畑も。。。。
霜月最後の霜の朝_e0303187_23121641.jpg

苔も。。。
霜月最後の霜の朝_e0303187_23123569.jpg

ひっつき虫の草の実も。。。
霜月最後の霜の朝_e0303187_23125541.jpg

セイタカアワダチソウも。。。
みんな霜化粧。真っ白。
明日からは師走だもんね。そんな寒さだよね、と歩いていたら、放棄された葡萄畑の前だけ
こんな元気な色。
ツルウメモドキの実が鈴なり。
霜月最後の霜の朝_e0303187_23114187.jpg


by yasato8310 | 2019-11-30 23:29 | 日々 | Comments(2)

ちいさなもみのき

ちいさなもみのき_e0303187_21114318.jpg

図書館に行くと、まず新着図書の書架を眺めます。
その次はその書架の後ろ側の絵本コーナー。
小さな子の身長に合わせた低い棚の上には、テーマによって選び出された絵本が表紙が見えるように立て掛けて
置かれているので、その表紙を眺めながら数冊をパラパラと開いて見たりする。
このあいだ行った時はクリスマスがテーマの絵本が並べられていた。

借りて来たこの絵本「ちいさなもみのき」。
マーガレット ワイズ ブラウン 作
バーバラ クーニー 絵
上條由美子 訳

赤と緑と黒だけの色で静かな森と子供達のクリスマスが素敵に描かれていて
何度も何度も眺めてしまう。
お話もとてもいいのだ。
温かい気持ちになるクリスマスの絵本。
by yasato8310 | 2019-11-27 22:12 | | Comments(0)

今年のパンダ

今年のパンダ_e0303187_19363695.jpg

今年のパンダ豆は相次ぐ台風に棚を倒され、その度に立て直してはやったもののダメージは大きく、
その上に根元をイノシシに掘られたりして青息吐息だった。
なので食べるほどの収穫もなくガッカリだったのだが、サヤを外していたらこんなパンダそっくりの
模様のヤツを発見して思わずニヤリ ( ̄∀ ̄) 
パンダに見えませんか〜? 見えますよねぇ?
by yasato8310 | 2019-11-25 19:45 | | Comments(0)

今朝の散歩

今朝の散歩_e0303187_19543416.jpg

今朝の散歩_e0303187_19545312.jpg

山を下りてゆくと、日陰の草は霜で縁どられていた。
寒い季節がやって来たね。

by yasato8310 | 2019-11-21 19:59 | 日々 | Comments(2)

みかん大小

みかん大小_e0303187_18195430.jpg

お隣さんで生ったみかん。
大小様々で、同じ種とはとても思えない。
by yasato8310 | 2019-11-19 18:21 | 日々 | Comments(0)

11月の散歩道

11月の散歩道_e0303187_22445967.jpg

寒くもなく暑くもなく、空気がキリッとした11月の朝散歩。
気持ちが良くて、いつもより遠くまで歩いてしまう。
小さな祠のあるこの辺りまで先代の犬ブブとは良く散歩したけど、
ブブが老犬になってからは歩く距離が短くなり、今のハルが来てからは私が長い距離を
歩きたくなくなって、久しぶりのロングコースを歩いているここ数日。
11月の散歩道_e0303187_22451649.jpg

祠を守るように生えている木には赤い実が。
11月の散歩道_e0303187_22453626.jpg

このままどこまでも歩いて行けそうな気がする今朝の散歩だけど、家へ帰る最後の道は
登りの山道だからね。エネルギーを残しておかなきゃ。
by yasato8310 | 2019-11-17 23:00 | 日々 | Comments(0)

レトロな包装

レトロな包装_e0303187_22360490.jpg

昔ながらの包装紙や箱にグッと心惹かれる私。
類は友を呼ぶのか、友人のAさんからもらうお土産はレトロな包装ものが多い。
先日も越後の土産にともらったのは「翁飴」。
寛永年間に創業の十四代高橋孫左衛門商店と書かれていて、この絵は当時の店先の様子なのかな?
創業の頃は粟を原料にした水飴を売っていたらしく、絵の中の男の人が瓶から杓で器に入れている
水飴を旅の人や町人たちが買い求めている姿は、なんだか微笑ましい。

その後四代目が粟をもち米に変え淡黄色透明の水飴を日本で初めて成功。。。とある。ふーん。
翁飴は寒天を加えた水飴をかため、適度の乾燥により寒天質を無くし飴本来の風味を保ち、且つ
保存に堪えるのが特徴。。。ふむふむ。
オブラートの粉末みたいなので覆われた透明な翁飴をかじると、美味しいのかどうか
ちょっと判別に困ったりするけれど、じんわりと幸せな気持ちになるのが不思議だなー。
by yasato8310 | 2019-11-15 23:24 | 日々 | Comments(0)

をちこち探して散歩路


をちこち探して散歩路_e0303187_17315345.jpeg

目覚めたら雨の音。
あー、せっかくの守谷へのお出かけなのに。。。と思っているうちに雨は止み、
TさんとHちゃんとの待ち合わせ時間には青空も見えてきた。
守谷のけやき台付近の家々を散歩しながら訪ねて、素敵な手作りの作品や美味しいご飯、
コーヒーや焼き菓子を楽しめる「をちこち探して散歩路」というイベントへ。
Hちゃんと私は「ほっこりはうす」に作品を展示してもらっているけど、「まにまに」で
信州松本から出張カフェのKAJIYAさんで台湾ご飯プレートで腹ごしらえして、ワクワクと
をちこち散歩を始める。
どの家も素敵な空間や庭で、さりげなく飾られている布や絵などにいちいち目が喜ぶ。
空はすっかり晴れ渡って気持ちの良い散歩日和になった。
明日(12日)、11:00~16:00までイベントやってます。




by yasato8310 | 2019-11-11 18:01 | おでかけ | Comments(0)

益子秋の陶器市 2019 終了しました

益子秋の陶器市 2019 終了しました_e0303187_21041329.jpg

益子秋の陶器市、おだやかな日和の中無事に終了しました。
私が出店している「かまぐれの丘」はこの秋で20周年を迎えました。
10周年の時に初出店させてもらってから「もう10年!? ウソでしょう?」と思うけれど、
出店者の小さかった子供達が春秋ごとに大きくなっていくのを見ると「う〜む」と思ってしまうのです。
益子秋の陶器市 2019 終了しました_e0303187_21064874.jpg

陶器市期間中は家を早く出るので、なかなかお弁当を作る時間がない。
お昼に何を食べるかというのも陶器市期間のちょっとした楽しみで、期間中必ず一度は食べたいのが
ヨギさんの南インドカレー。ここのチャイも美味しい。
そして今まですぐ近くなのにあまり買ったことがなかった「かまぐれの丘」に登ってくる坂道の
途中の屋台。
カレーパンも山菜おこわもおいなりさんも、美味しい。
初日に、それ風な衣装を着込んで出前してくれた、第二倉庫の汁なし担々麺も美味しかったな。
益子秋の陶器市 2019 終了しました_e0303187_20493583.jpg

一日数回のミニライブで、さえりさんの素敵な歌声が聴けるのも楽しい「かまぐれの丘」。
今回もたくさんのご来場ありがとうございました。
また来春お待ちしています。
益子秋の陶器市 2019 終了しました_e0303187_20544016.jpg


by yasato8310 | 2019-11-08 22:23 | 仕事 | Comments(0)