人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

散歩の収穫

e0303187_19020815.jpg

散歩の帰り道に、Kさんに声をかけられた。
「フキノトウがいっぱい出たからもってく?」
たくさんのフキノトウをもらって、おまけにお手製蕗味噌と柿酢も
もらっちゃった。
「ありがとう〜。」と帰ろうとしたら、庭で生った甘夏ももっていけば。。。と
袋にゴロゴロ。
そしたらKさんちのお向かいのFさんが出てきて、やっぱり庭で生った
ブラッドオレンジを袋に入れてくれたー。
うわ〜、嬉しい!!
と、小躍りするも、我が家はここからずっと登りの山道だ。
両手にレジ袋ぶら下げて、犬のリードとウンチバック持って山を登って
家に帰り着いた時には汗びっしょり。
2月の朝の、もらい物散歩は体もポカポカにしてくれるなー。
e0303187_19022427.jpg


by yasato8310 | 2019-02-21 19:21 | 日々 | Comments(2)

木を伐る

e0303187_22181378.jpg


この家に引っ越してきて、かれこれ16年くらい。
家周りの木々もその分大きくなっている。
窯小屋の下のクヌギは、東側のヒノキを伐ったとたんに陽が当たるように
なったのかグングン伸びて、もし倒れたら家の屋根がひどいことになりそうだ。
去年の台風で家の前の木が折れたり、下の庭の木が倒れたりしたので
なんだか不安感が増していた。
そこで益子のKさんに木を伐ってもらうよう頼んでいたのだった。
昨日やってきてくれたKさん、こんな風にスルスル木に登っていく。
この木、すごく高いですから〜(汗)。
高所恐怖症の私は見上げてるだけでもクラクラする。
2〜3年前にやっぱりKさんに伐ってもらった時には、枝のない木に五寸釘を
打ち付けて、それを足がかりにさらに高いとこへ登って行くのでびっくりしたものだった。
木から降りてきたKさん、「釘を抜いてくるの忘れたなー。」と。
その五寸釘、いまだに木に残ってるのがリビングのガラス越しに眺められるのー。
まあそんなKさんの働きぶりで昨日も何本か木を伐り、篠竹を刈り、下の庭が明るくなった。
そして去年伐るかどうしようか迷っていたエノキ、「このエノキも伐っとこう。」という
Kさんの一言であっさり伐採。
今年はタマムシとオオムラサキ、来てくれるかなー?
by yasato8310 | 2019-02-17 22:49 | 日々 | Comments(0)

花と器

e0303187_23090979.jpg


昨日(15日)から始まった「花と器」に参加しています。
陶、鉄、木の素材を使った18人の器に、結いのはなが生けた花の展示です。
それぞれの器にどんなふうに生けられているのか、作り手も楽しみです。

花と器
 2019年2月15日(金)〜27日(水)木曜定休
 10:00~18:00
 〒311-4151 水戸市姫子 1-793-4
 tel 029-303-7361
 https://yuinohana-mito.jp/
 
by yasato8310 | 2019-02-16 23:26 | 仕事 | Comments(0)

路地歩き

先日、土浦駅周辺の路地を歩いていた時のこと、
ちょっと趣きのあるお宅の玄関先にヒイラギと鰯の頭が差してあった、
あー、こういうお家に住む人は、ちゃんと季節のことを忘れずにするんだねぇ。。。と、
振り返ってもう一度眺めたら、ヒイラギと鰯の頭ガムテープで止めてあった。
う〜ん、ちょっと残念。


by yasato8310 | 2019-02-11 20:44 | おでかけ | Comments(0)

雪の日仕事

e0303187_19572848.jpg


昨日は雪で気温も低いとの予報が出ていた。
けれど、心配したほどのこともなく積雪にもならないですんだ。ほっ。
寒い雪の日を覚悟していたので、この日は味噌づくり。。。と決めて
前の日から豆を浸して準備。
薪ストーブと灯油のストーブも焚いて、その上に鍋3個をのせて
大豆を煮ていると、部屋中ポカポカで窓ガラスも曇る。
あー、寒い日の暖か仕事は幸せ〜♪
豆を煮てる間に、塩と麹を大きなボウルの中で混ぜ合わせる。
手ですくうようにざっくざっくと。
e0303187_19565433.jpg

麹はいつも友達の I さんに作ってもらう。
ドブロク作りの名人だから、麹作りはおてのものだ。
先日、できた麹を取りに行くと、 I さんが言うには
「麹を手でかき回すとき、すごく気持ちがいいんだ。
酵母が自分の身体の常在菌とうまく反応しているんだろうな」と、
嬉しそうに話す。
ふ〜ん、なるほどね。
妙に納得。
e0303187_19571182.jpg

今年の味噌も美味しくできるといいなー。



by yasato8310 | 2019-02-10 20:28 | 日々 | Comments(0)

ロバート キャパ 展

e0303187_17402199.jpg


土浦市民ギャラリーで「ロバート キャパ 展」が開催されてるので行ってみようと
思ったのだが、土浦は近くなのに馴染みのない街だ。
調べてみると、駅のすぐそばらしいので電車で行ってみるか。。。と思いついた。
神立駅付近に車を停めて、一駅。
駅に降りてみたらなんと! 駅に隣接した建物の1Fが市民ギャラリー。
2Fが図書館で、どちらも新しい施設のようだった。
雨が降っても駅から濡れずに行けるようになっている。
そして通りの向こうの建物は市役所だった。
あー、いいなぁ。 車を運転しない人にも便利な立地の公共施設。

ギャラリーは結構な入場者でごった返していたけど、しばらくしたら潮が引くように
人がいなくなったので(たぶんお昼時になったのかも)、ゆっくりと最初からもう一巡して
見ることができた。
見慣れた有名な写真もたくさんあったけど、初めて見る写真の市民や兵士の
ささやかな笑顔の時間や、若者らしい表情に心奪われた。
どんな戦争のさなかにも、生きている人々の暮らしがあることを知った。
さほど広くはない会場だけれど、充分見応えのある「ロバート キャパ 展」だった。
e0303187_17403746.jpg


車じゃないので、なんとなく駅周辺をぶらぶらしてみるも
とりたてて何もない。
でも路地に入り込むと、クスッと笑っちゃうような飲み屋の看板や民家の庭先など、
歩きならではのおもしろ路地探検。
そして駅まで戻って、図書館にも寄ってみた。
明るくて開放感のある図書館は雑誌もいっぱいあって、常磐線の電車を眺められる大きな
ガラス面に向かって椅子が点在していて、のんびりと時間を過ごすのに良さそう。
今日は借りなかったけど、ちょっと探していた本もこの図書館で見つけたので
図書カードも作ってもらった。
電車で隣町へ出かけるのも、たまにはいいなぁ。。。と、温かいペットボトルで
手を暖めながらぼんやりと電車を待つホームでの時間であった。


by yasato8310 | 2019-02-08 18:25 | おでかけ | Comments(0)

冬の飲み物

e0303187_22525826.jpg


寒い冬の日は身体が温まるような飲み物が欲しい。
はちみつレモンとか、ココアとか、カフェオレとか、いろいろ飲むけど、
この冬の定番はあったかい麦茶。
ソラマメの風除けと虫除けを兼ねて蒔いた小麦が3kgほど収穫できたんだけど、
製粉するほどの量でもないので炒って麦茶にしようと考えた。
でも暑い季節にわざわざ熱い作業をするのはどうかと思ったので、
ストーブの季節まで待っていた。
そこでこの冬の飲み物が小麦の麦茶。
普通売ってるのは大麦だと思うけど構わない。我が家は小麦のお茶。
これが美味しい。
朝ストーブの上でくつくつ煮出してポットに入れておくのが朝仕事になった。
最近はご飯を炊く時にもちょっと入れる。
芳ばしくてもっちりするのだ。

これに味をしめて、畑には次の冬用の小麦を増量で蒔いたので
青々とした麦たちが只今元気に生育中なり。

e0303187_22531260.jpg

by yasato8310 | 2019-02-06 23:18 | 日々 | Comments(0)

本を売る人


e0303187_20545863.jpg


この本を読むまで、本屋という仕事がいつ頃からあったのか?とか、
どんなふうに始まったものなのか?とか。。。考えたこともなかった。

著者がヴェネチアの古本屋でたまたま耳にしたモンテレッジオという村のこと。
トスカーナ地方の小さな村であるモンテレッジオは貧しくて、男たちが村の外へ
肉体労働の出稼ぎに行くしか生きるすべはなかった。
やがて、村を離れずに暮らして行く方法として、石ころをカゴいっぱいに詰めて
売りに行くようになる。
人がカゴでかつげる石ころが、どれほどの量で、どれほどの金になったのかは
わからないが、他に売るものもないような村だった。
そして帰りに空になったカゴに本を詰めて、村へ帰る道々で売るようになる。
文字の読めない人には、あらかたの内容を語って聞かせたり、よその村でのニュースを
伝えたりと、モンテレッジオの男たちは新しい風を運んでくる人だった。
少し豊かになった人は街へ出て、古本を売る場を構えるようになってゆく。
モンテレッジオでは毎夏、大きな古本市が開かれるそうで、日本の「本屋大賞」みたいな賞が
このモンテレッジオで選ばれるのだそうだ。
イタリアの本屋さんにはモンテレッジオ出自の人が多いそうで、
そのことをとても誇りに思っているのだとのこと。
そんなあれこれを、著者はこの村出身の青年たちに案内されながら本の村に深く魅了されていくのだ。
本好きの人に一読オススメ。

by yasato8310 | 2019-02-02 21:46 | | Comments(2)

雪きらめく朝

e0303187_20032280.jpg


予報通りに夜中に降ったらしい雪で、庭は白くなってた。
静かな朝なのに、ずっとパラパラと乾いた音が続いているので
散歩の足を止めてみると、樹々の枝先や葉先で凍った水滴が音を立てて落ちているのだった。
パラララ パラララ パラララ
e0303187_20033938.jpg


その、たえまなく落ちてくる氷の粒に朝の光が当たってすごくきれいなのに、
こういうのって写真に撮れないものだなぁ。

e0303187_20035560.jpg

by yasato8310 | 2019-02-01 20:19 | 日々 | Comments(0)