人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

驚きの虫たち

驚きの虫たち_e0303187_16144415.jpg


図書館の新着図書の棚にあったこの本。
さほど興味もなかったけど、ちょっとペラペラめくって見た。。。ら、
なになに、ドリトル先生に夢中だった少年時代だって?
実は私も子供の頃にドリトル先生の物語に夢中だったので、ほかの数冊と
一緒にこの本も借りてきた。

シンイチ少年を魅了した美しい「世界の蝶」という本のこと。
大富豪で20歳の頃に親から個人博物館をプレゼントされたというウォルター ロスチャイルドと
いう人物のおびただしい収集品と、第一発見者として虫たちにロスチャイルドの名が冠されていること
への憧れ。
新種発見者として名を冠されたいと、ある日見つけた図鑑でも見たことのない虫を持って
国立科学博物館を訪ねたこと。
そこで出会った研究者はあの憧れの本「世界の蝶」の著者、黒沢良彦氏だったという偶然。
そして同じ頃に出会った岩波の「ドリトル先生」シリーズ。
「ドリトル先生」を訳した井伏鱒二は、原本のナチュラリストという言葉を「博物学者」と
訳していたこと。
そして、「ほとんど何もしない人」という「Dr. do little」を「ドリトル先生」と
訳していたこと。
シンイチ少年はロスチャイルドという、剥製や標本を収集する博物学者ではなく、
ドリトル先生のような命あるものを研究する博物学者になりたいと、思いが変わってゆくこと。
そしてその道は今につながってきたこと等々。。。。。
なかなか面白かったのだ。

そして読んでいる途中、ふと気になった名前「ツノゼミ」。
岡本太郎もびっくりするような造形、進化しすぎた造形。。。というような表現が。
去年偶然買ったマリア シビラ メーリアンの本に確かツノゼミの絵が描かれていたっけなぁと、思い出した。
彼女の本の絵はどれも実在の虫だけれど、ツノゼミの絵だけは想像で描かれたものとのことだった。
いくら想像でも、この形はないんじゃないの〜?と、私は思ったのだが。。。。
驚きの虫たち_e0303187_16142601.jpg

今回初めてツノゼミの画像をネットで見て、実物のびっくり仰天な造形はメーリアンの想像どころじゃなかった。
はるかにそれを凌ぐ造形美(?)に驚き、桃の木だ。
ちょっと言葉でも表現できないので、各自ネットで画像を見てください。
あ〜、びっくり。
by yasato8310 | 2019-01-28 17:26 | | Comments(0)

2019 温々個展終わりました

2019 温々個展終わりました_e0303187_11344626.jpg


温々での「森のいきもの、冬の青空」展、おかげさまで無事に終了しました。

無事に。。。というのも、この時期は思わぬ積雪があったり、風邪やインフルが
猛威を振るう時期でもあるので体調を崩さずに会期にこぎつけるか、搬入日や在廊日に
雪で行けないことにならないか?と毎回ドキドキなのです。
もちろんギリギリ日程で焼く窯が失敗したらどうしよう。。。という恐ろしいことも
チラチラ頭をよぎったり。
なので、何はともあれ、最終日に搬出の品物を車に詰め込んで、
スタッフに見送られ車を走り出すときには心底ホッとする。ほ〜〜〜っ。

会場で会えずに芳名帳に言葉を残してくださる方もいらっしゃるのだが、
Rさんは毎回力強い字で展示全体の雰囲気を言葉に表してくださる。
そうかー、そんなふうに感じてもらえたんだ。。。と、いつも嬉しくなる。
そして今回最終日にみえた方が、数日前に温々で手にしたDMと作品に感じたことを
詩という言葉にして持ってきてくださった。
短い飾り気のない言葉たちは、普段森の中で暮らしている私が日々心の底で
思う言葉だった。
じわじわと嬉しい気持ちが広がっていく。
ミュージシャンがステージの上から「イェーーエ🎵」と呼びかけ、
それに応えて観客が「イェーエエ🎵」と返すcall & response 。
そんなやりとりが、ものを作ることの中にも感じられると「よしっ!明日からもがんばる」と
思える。
2019 温々個展終わりました_e0303187_11352074.jpg







by yasato8310 | 2019-01-26 12:25 | 仕事 | Comments(0)

今日の顔

今日の顔_e0303187_19450508.jpg


ストーブで燃やす木っ端の中に、時々顔を見つけることがあるんだけど、
今日の顔はよほど怖いことがあったのか。
それとも大失敗でもしでかした?

by yasato8310 | 2019-01-17 19:48 | 顔コレクション | Comments(0)

石拾い人

昨日の日曜日も「温々」の個展会場へ。
昨日来てくださった方たちの中にはブログを読んでくださっている方たちもいらして、
それぞれに「石のあるとこはどこなんですか?」と(笑)。
夕方そんな面々を案内して「石拾い場」へ。
何もない小石が敷き詰められただけの空き地に、てんでんに散らばって大人が五人と犬一匹、
黙々と下を向いて石ころをひっくり返している図は、可笑しくもあり
シュールでもあり。
「メノウ」という言葉の魔術(笑)。

わたしの昨日の収穫は、「3個まで」という暗黙の自分のルールを破り、4個の小石。
色で選んでみた。
石拾い人_e0303187_16393015.jpg
石拾い人_e0303187_16391530.jpg


うっすらと夕闇が降りてくる頃、Fさん親娘が来てくださった。
最初に「温々」個展でお会いしたのは、娘さんのSちゃんがまだ小学生だった?
今やすらりと背の高い落ち着いた雰囲気の、美大を目指す受験生。
いろんな話をしていたら、例の「石拾い場」はSちゃんが小さい頃にやっぱり
石を拾った場所だった。
あ〜、そんな頃からあの「石拾い場」はあったのか。
そのSちゃんがテーブルに置いた本は、分厚くて赤い布表紙の「はてしない物語」だった。
なんと、資源ごみに捨てられていたとのこと。
この分厚い赤い布表紙の本を見たとたんに、思い出した暑い夏の夜の空気感。
部屋の中は暑くて眠れないバルセロナでの夏の夜、屋上で寝袋に潜って懐中電燈でこの物語を
読んだっけなー。


by yasato8310 | 2019-01-14 16:54 | おでかけ | Comments(2)

1月の庭

1月の庭_e0303187_17445161.jpg


一日中しんしんと寒い日だった。
薪を取りに外へ出たときに、ふと枯葉の吹き溜まったあたりに目をやると、
おお〜! クリスマスローズの蕾が🎵
曇り空のてっぺんから、スーッと明るい日差しが届いたような、
その場だけが光に満ちている感じ。
春遠からじ。。。だ。

そしてちょっと下の方にも目をやると、ここにも何か咲いてるコがいる。
ハルジオン? いやいや、アキジオンの咲き残り?
きれいなピンクの花の他にも、まだまだ咲く気満々の蕾がたくさんついている。
ふむ、キミもがんばっているね。

1月の庭_e0303187_17452304.jpg


家の脇の灯油タンクの足元には黒龍が生えていて、黒い艶やかな実ももう終わり。
散歩から帰って台所の入り口から入ろうとする直前、何分の1秒かだけれど
ハルがサッとこの黒龍の方に顔を向けるのに気がついた。
そして家に入りながら口がモグモグ。
通りすがりに黒龍の黒い実を、毎日一粒ずつ食べているのだった。
へ〜、美味しいのかね?
と、一粒わたしも口に入れてみると、ほー🎵
なんと、甘いリンゴ味であったよ。
そんな実もハルに食べ尽くされて、干しぶどうみたいなのが数粒残っているだけの一月の庭。

1月の庭_e0303187_17450614.jpg




by yasato8310 | 2019-01-12 18:13 | 植物 | Comments(0)

こんこん流 帯留展vol.2

こんこん流 帯留展vol.2_e0303187_19490057.jpg


昨日から始まった八郷の、こんこんギャラリーでの「こんこん流 帯留展 vol.2」の
会場風景。
陶、寄木、漆、ガラス、籐など様々な素材の帯留めやアフリカンビーズを
使った羽織ひも、型染めの鼻緒などなど。。。
和服の小物って楽しい。
着物は着ないんだけど、ちょっと着てみたい衝動にかられ、
型染めの半襟を購入しちゃった(汗)。

こんこん流 帯留展vol.2_e0303187_19492045.jpg

こんこん流 帯留展vol.2_e0303187_19493585.jpg

こんこん流 帯留展vol.2_e0303187_19484489.jpg


帯留展、私も参加させていただいてます。(最後の画像)
by yasato8310 | 2019-01-11 20:02 | 仕事 | Comments(0)

小石

小石_e0303187_11143222.jpg


「温々」の搬入の日、一緒に連れていったハルを散歩させていたら、
自然農法をやっている畑と田んぼの間の踏み分け道の向こうに
小さな空間が広がっていた。
公園でもなく通路でもなく、中途半端に広い平らな空間。
その地面いっぱいに、きれいなすべっこい玉砂利がひかれていた。
正確にいうと玉砂利ではなくて平べったい小石。
でも同じような大きさの石たちは、まるで神社に敷き詰められた玉石のよう。

歩くと、気待ちのよい音がして
目はついつい小石の一つ一つに向けられる。
どの石も滑らかで、長い時間水の流れに身をまかせて今の形と質感が
出来上がったのだなぁと思わせる。
しゃがみこんで、一番気に入った三つを拾った。

個展二日目の在廊日、遠方の友で石好きのYさんが現れた。
そこで早速、きれいな玉石の空間のことを教えた。
「川原で揉まれたようなきれいな玉石がいっぱいあるんだよ」と。
その時はさほど興味なさそうだったYさん、しばらく姿が見えないと思ったら
入り口のガラス戸を開けて入ってくるなり、「海の小石だったよ。
海メノウを見つけた。」と、私の手のひらに三粒の小石を乗せたのだった。
「え?! メノウ?」
灯りに透かしてみると、たしかに所々に乳白色を残しているのだった。
地上180cmの高さから俯瞰で見ると、あのおびただしい石たちの中から
やすやすとこのメノウたちを見つけ出すことができるのだろうか?
小石_e0303187_11145242.jpg

by yasato8310 | 2019-01-08 11:43 | 日々 | Comments(2)

温々、始まりました

温々、始まりました_e0303187_23224825.jpg


昨日から始まった温々での新春個展。
本日は一日在廊しました。
気がつくと、3時頃に遅いお昼を食べた時以外は
ずっと立ちっぱなしでした。
たくさんのご来場ありがとうございました。
一人一人とゆっくり話せなくてごめんなさい!
温々、始まりました_e0303187_23241981.jpg

温々、始まりました_e0303187_23234075.jpg

温々、始まりました_e0303187_23232160.jpg

温々、始まりました_e0303187_23230474.jpg

温々、始まりました_e0303187_23250784.jpg

温々、始まりました_e0303187_23235715.jpg


来週の日曜13日と最終日の日曜20に在廊の予定です。(12時頃から7時頃まで)

by yasato8310 | 2019-01-06 23:41 | 仕事 | Comments(0)

2019「 温々」個展

2019「 温々」個展_e0303187_16152429.jpg


新しい年が明けました。
本年もよろしくお願いします。

年明け一番の個展は、さいたまの「温々」。
「温々」は、正面の壁が素敵。
藁などがザクザク練りこまれた荒々しい土壁で、
この壁に何を飾ろうかな〜というところから「温々」個展の
作品作りが始まる。
去年nobu'sの個展で作った、絵本のような陶板作りが楽しかったので、
少し大きい陶板を作ってみた。
今年もいろいろなことに心踊らせて暮らせますように!
「ダンス」
2019「 温々」個展_e0303187_16150763.jpg


         「森のいきもの、冬の青空 vol.3」
         2019年1/5(土)〜1/20(日)
         1/7(定休)1/15(火曜振替)

cafe & gallery 温々(ぬくぬく)
         〒337ー0001 さいたま市見沼区丸ヶ崎 1856
         tel fax 048-686-3620
         web cafenukunuku.com
by yasato8310 | 2019-01-03 16:41 | 仕事 | Comments(1)