<   2018年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

窯焚きの日

                    昨夜から本焼きで、早朝窯のガス圧を見に行ったついでに
                    車のそばを通ったら、あれれ。。。
                    フロントガラスが粉まみれ。
                    寝不足の頭でボーッとしばらく見つめていたけど、
                    これ、花粉でしょうか?と気がついた。
                    午後、窯焚きも終わり、ビールを買いにコンビニへ行った帰り、
                    筑波山ふもとの辺りがなんだか白っぽい。
                    なんだろう?と眼を凝らしてみると、花粉がもうもうと
                    立ち昇っているのだな。
                    は〜。 花粉症のひとなら気絶しちゃいそうな光景。
                    こんなふうに目に見えるのって、東日本の震災のときに
                    大きな余震のたびに遠くの山からのろしのように
                    立ち昇ってた花粉を見た時以来だなぁ。
                    すごい光景だなー。
                    すごいけど、こんな環境に住んでいて花粉症にならない私も
                    すごいなー。

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-30 16:54 | 日々 | Comments(4)

花盛り

e0303187_12495388.jpg

 
                     うちの近くの桜。
                     ここ数日の陽気で、コマ送りのように開花が進み
                     まさに見頃。
                     きれいだなー。
                     と、上ばかり見がちだけど足元にも。。。
                     青木さんが大人っぽい装いで今年も咲いていました。

e0303187_12493652.jpg


                     この季節、花粉症でもないんだから
                     ゆっくりと野山を歩いて花を楽しみたいのに、
                     釉薬掛けに追われる毎日。 とほほ。
                     搬入日から逆算しての窯焚き。。。という仕事のしかた、
                     いいかげんに頭を切り替えたいです〜。
                     間に合うのか?今回も。
[PR]
by yasato8310 | 2018-03-28 13:01 | 植物 | Comments(0)

春の雨

e0303187_08521188.jpg


                     ゆうべ突然降り出した雷まじりの雨のせいで、
                     今朝はこんな景色が。
                     冬の八郷の風物詩だと思ってたけど、春の雲海も
                     のびやかで心奪われるなぁ。
                     散歩道の畑も、一雨ごとにみずみずしく柔らかな緑が
                     育ってく。
                     
e0303187_08531479.jpg

e0303187_08523079.jpg


                     わぁ、ソラマメにはもう花が咲いてる〜(驚)。
                     うちのソラマメは、寒さをしのいで地面に這いつくばっていたのが
                     ようやく顔を上げたばっかりなのに。
                   

e0303187_08525018.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-25 09:06 | 日々 | Comments(0)

春のお知らせ

e0303187_09380464.jpg



                      21日から「スープカップ、スープボウル展」はじまりました。<
                      
                      3月21日(祝)〜31日(土)
                      11:00〜18:00

                      田園調布いちょう
                         東京都大田区田園調布 3-1-1 三井のリハウス上2F
                         ☎ 03-3721-3010
                         http://ichou-jp.jugem.jp/

       ---------------------------------------------------------------------------------------------

              「やすらぎカフェ展」
                     うつわの店 ちゃぶだい
                      4月7日(土)〜5月6日(日)
                      福島市御山字東壁谷沢 22-5
                      ☎ 024-7565-0129
                      http://www.geocities.jp/utuwanochabudai/

       ---------------------------------------------------------------------------------------------

              益子春の陶器市 2018
                      4月28日(土)〜5月6日(日)
                      「かまぐれの丘」に出店します

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-23 10:02 | 仕事 | Comments(0)

がんばるライチ

e0303187_22495067.jpg


                    3年目になるのか?
                    けっこう大きくなったライチ。
                    ところが冬前に家の中に取り込むのが少し遅かった〜。
                    葉っぱがどんどん茶色になってしまって、
                    これは再起不能かー。。。と諦めていた。
                    ところがどっこい。
                    植物はえらいなあ。
                    春になって暖かい日差しがガラス越しに差し込むようになったら、
                    やわらかな葉っぱがあらわれた!
                    「つらい目にあってもまた起き上がればいいのさ」と、
                    がんばるライチの木であった。
[PR]
by yasato8310 | 2018-03-21 23:04 | 植物 | Comments(2)

空飛び猫

e0303187_13181218.jpg


                     年末年始にかけて、「ゲド戦記」全6巻を再読した。
                     一度目に夢中で読み進んだ時とは別の物語を読んでいるような、
                     そんな新たなおもしろさに引きずられた毎日だったなぁ。
                     その最後の一冊を読んでいる時に、新聞の片隅に小さく
                     作者 ル グゥイン の訃報を見つけた。
                     ゲド戦記に浸っているまさにその時の記事に偶然だなあと
                     思っていたら、その一週間後くらいに ル グゥイン の死に寄せての
                     書籍紹介の記事があった。
                     「空飛び猫」という美しい絵本が、村上春樹の訳で出版されて
                     いること。
                     そこでさっそくに図書館で借りてきた絵本は、やわらかな子猫の
                     毛をなでているような、しなやかで好奇心いっぱいな絵本だった。
                     S.D.シンドラーというひとの挿絵の美しさに、何度も何度も
                     ページをめくってみた。

e0303187_13183285.jpg

e0303187_13184939.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-17 13:47 | | Comments(0)

深呼吸

e0303187_14161202.jpg


                      冬の間伐採していた木を運び出し、積み上げ作業をしてるので、
                      あたり一面に満ちる桧のいい香り。
                      昨日ようやく行ってきた確定申告や、日にちの迫ってきている
                      企画展、陶器市。。。と、追いかけられるような日々に
                      みぞおちの辺りがウガウガするけど、胸いっぱいに桧の
                      香りを吸い込んで深く深く呼吸をする。

e0303187_14162837.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-15 14:29 | 日々 | Comments(0)

かぜのおまつり

e0303187_17311275.jpg


                    うちに一冊だけあった梶山俊夫さんの絵本。
                    雪がやってくる前の山里。
                    アケビの紫色、木枯らしに舞う葉っぱ、腹を減らした熊。
      
e0303187_17313206.jpg

e0303187_17315365.jpg


                    外国の絵本も美しいけど、日本の絵本も美しいねー。
                    ぺらぺらとめくっていたら、裏表紙に手紙が書かれていた。
                    赤トンボ舞う中、車を走らせて
                    街の本屋さんでこの本を見つけたのでおみやげに。。。と
                    書かれていた。
                    あらら。。。ずっと自分で買った絵本だと思っていたよ。

e0303187_17321173.jpg

                    
[PR]
by yasato8310 | 2018-03-14 17:47 | | Comments(2)

かわいいパッケージ

e0303187_21190478.jpg


                    このかわいいリスのパッケージが大好きで、会津へ行った時には
                    かならず買っちゃう柏屋のくるみゆべし「もちずり」。
                    手のひらに乗るサイズもかわいいし、梶山俊夫さんの描く
                    野山の生き物たちがたまらなく愛らしい。
e0303187_21195578.jpg

e0303187_21202867.jpg

e0303187_21201248.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-13 21:30 | 日々 | Comments(2)

風習

                  1月に亡くなった義姉の四十九日の法要と納骨があって、
                  会津へ。
                  通夜と告別式のために会津へ向かった時に、たまたま知り合った人と
                  お葬式の風習の違いの話なんかをしたのだったけど、
                  今回もびっくりな風習が。。。
                  納骨が終わってお坊様がお経をあげ終えたら、姪(義姉の長女)が
                  饅頭をみんなに配り始めた。
                  「え?饅頭?」と手にした饅頭を眺めていると、
                  みんなが饅頭をパクパク食べ始めた。
                  お坊様もお経を読み終わったしゃがんだ恰好のまま饅頭を食べている。
                  みんな、あまりにもあたりまえの顔で饅頭を食べてるので、
                  「えっ、墓場で今食べるの?」と、思わず聞いてしまった私に、
                  隣でやっぱり饅頭をぱくついている義姉のお姉さんが、
                  「うん。本当はお墓にお饅頭を供えて、それを下げてみんなで
                  食べるという風習だけど、今はそのまま配って食べるのよねぇ。」と。
                  「へ〜、そんな風習があるんだー。」とびっくりしてると、
                  「あら〜、お母さん(私の母親)の時だって塩饅頭食べたじゃない。
                  塩饅頭って食べたことなくて、しょっぱい饅頭なんてと思ったけど
                  すごくおいしかったから良く憶えてるのよ。」と彼女が言うので
                  もっとびっくりした。
                  「ええええ? 塩饅頭? 母の時に〜?」  全然記憶にない。
                  だいたい、両親も私たち兄妹も会津の生まれではないのだから、
                  納骨の時に饅頭を配るなんて思いつくはずもないのになーと、
                  狐につままれたような思い。
                  思えば、母の納骨のときのこともあまり記憶にない。(汗)
                  ひょっとして、私ってば欠席したんだろうか?。。。。と
                  不安になって、家に帰って来てから6年前の手帳をひっぱりだして
                  見る。
                  メモに、「母の四十九日と納骨、雪ちらつく」とあった。
                  ほ〜っ、良かったぁ。ちゃんと出席してたー。
                  じゃあ   饅頭は?
                  

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-12 22:20 | おでかけ | Comments(0)