人気ブログランキング |

カテゴリ:日々( 395 )

今年の春

この春は、笠間の陶炎祭も益子の陶器市も中止となりました。
お出かけを楽しみにしていてくださった方々も多いと思いますが、
また次回開催の時に元気にお会いしましょう。

春になって元気いっぱいなのはラスコーファミリー。
三日に一度は花壇を掘り返しにくる。
掘り返されてヨレヨレになった球根類をまた植え直して土をかぶせておくが、また数日後に蹴散らされてる。
また元に戻す。。。。の繰り返しで、痛めつけられ青息吐息なのに健気にも弱々しく花を咲かせている球根たち。
しかーし、今に見ていろラスコーファミリー。
お隣さんが「山ほど出来たのよー。イノシシの来るとこに蒔けば?」と、真っ赤な唐辛子をいっぱいくれたのだ。
細かくして乳鉢で擦ってると、ひゃー! 鼻はヒリヒリして来るし涙も出て来る。
さすがのイノシシだってピリピリするはず。
そして数日経った今、庭には来ているようだけど花壇の中は無事。
ふふふ、効いているのか?

ちょっと気温が昨日より下がった今日、ストーブの薪を取りに行ってシートをめくると。。。。
ぎゃー! 長い体のへーさんが寒さであまり動けない様子でニョロリと存在してるではないか。
ふー、やれやれ。
いろんな生き物が次々と現れてくれることよ。ちっとも退屈しないったらありゃしない。
今年の春_e0303187_21410836.jpg





by yasato8310 | 2020-04-05 21:42 | 日々 | Comments(0)

花見犬

花見犬_e0303187_21320613.jpg

花見犬_e0303187_21322310.jpg

花見犬_e0303187_21324194.jpg

雨で少し散ったけど、まだまだきれい。
ハル、5歳の春。
by yasato8310 | 2020-04-01 21:38 | 日々 | Comments(0)

花びらの道

花びらの道_e0303187_19465854.jpg

昨日は大雪予報が出ていて、2日前に冬タイヤを変えちゃったのはまずかったかな〜と思ったが、
八郷は雨の一日で終わった。
今朝散歩の道を下りていくと、花びら道。
おとといの大風では散らなかったのに、昨日は花散らしの雨になっちゃったなあ。
振り返ると雪化粧の筑波山。
白い山は普段と違って神々しく、心がシンとする。
いいなあ。
花びらの道_e0303187_19464439.jpg


by yasato8310 | 2020-03-30 20:03 | 日々 | Comments(0)

フキノトウのラビオリ

フキノトウのラビオリ_e0303187_09142390.jpg

忙しい時にチラチラと頭に浮かんでいた食べ物があった。
たまに覗くブログで、イタリア旅行中に受けた野草料理のクラスのことが書かれていたのだ(ずいぶん前のことだけど)。
古い石造りの家の広大な敷地を歩いて食べられる野草を摘み、それを刻んでラビオリの皮に包んで
茹で、ソースをかけた一品。
他にもその時に食卓に載った野草料理はあったけど、印象深く残っているのはこの野草のラビオリ。
きっと書かれたブログの文章から、まるで自分がその春の庭にいて、古くから伝わるそんなに豊かではない
けれど季節を楽しむ人々の暮らしの味が舌にイメージできたからかもしれない。

それで、個展が終わったら先日作ったフキノトウとオリーブオイルのペーストを使って、ちょっと似たものを
作ってみたいと、生協に餃子の皮を注文しておいた。
ペーストは冷蔵庫に入れておいたので、オリーブオイルが固まっていて包むのにちょうどいい。
真ん中にペーストをちょっとのせて皮のぐるりに水をつけてペタンと半折りしただけ。
それを熱湯で半透明になるまで茹でる。
ラビオリにかけるソースはどんなのだったか忘れてしまったので、私は醤油にレモンを絞ったものにつけて
あっさりと食べた。
ふっふっふ。
うまいじゃないか。
簡単で春の味。

そこでひらめいたのが、前日お隣さんがくれた蕗味噌。
これも同じように餃子の皮に包んで茹でてみた。
包んだ状態が何だか生八ツ橋っぽくてきれい。
フキノトウのラビオリ_e0303187_09143709.jpg

そして茹でるとこんなふう。
フキノトウのラビオリ_e0303187_09145260.jpg


あまりに簡単で、いろんなもの包んで茹でたくなった夜ごはん。


by yasato8310 | 2020-03-26 09:49 | 日々 | Comments(0)

ほっとする時間

ほっとする時間_e0303187_17110628.jpg

個展が終わっても、お預かりの品を届けたり、発送する品があったり、搬出した作品を片づけたり。
なかなか疲れがぬけないうえに、搬出の時にコンテナを運ぶ時にちょっと腰を痛めちゃってるので
なかなか「終わったぜー! ヤッホー♪」気分になれなかった。
それでも家の周りはすっかり春。
イノシシのラスコーファミリーに蹴散らされているとはいえ、あっちにもこっちにも春の花が咲き始め、
ウグイスが高らかに鳴く季節になっていた。

きのみのさんの苺のクランブルを、昨日からnobu'sギャラリーで展示中の松居久美さんのお皿に乗せて、
久しぶりにゆっくり、しあわせなお茶時間を楽しむ。
この木のお皿、去年の台風に鳴滝周辺の木々がなぎ倒されてひどいことになっていたけど、
その倒木を使って作られたコナラのお皿だそう。
こうして姿を変えて生き返った八郷の木のお皿は、ちょっと野性味があってなかなかいい感じ。
このお皿を使うたびに、去年のあのすごかった台風のことを思い出すかなー。



by yasato8310 | 2020-03-21 17:37 | 日々 | Comments(0)

卵_e0303187_13102090.jpg

本日、昨夜から引き続き窯焚き中。
朝早く窯小屋にガス圧を上げに行って、そのまま家の周りをぶらりとしたら
落ち葉を掃き集めた脇に白くて小さな丸いものを見つけた。
コロンとした白いキノコってよくあるから、ホコリタケの種類かな?と、しゃがんで
眺めてみたら。。。。
キノコじゃなかった。
小鳥の卵。
へ〜、もうこの時期に小鳥たちは産卵をしているの?
しかもこれ、ヒナが生まれた後の殻?
小鳥たちには人間界よりも植物界よりも春の季節が早く巡ってきているのだろうか?
殻が割れてなくて完全形だと想定した大きさは、長さが 2,7cm 径が 2,3cm くらい。
何の鳥だろうね?
周りのカシの木々の枝を見上げるけど、鳥の巣らしいものは見つけられなかった。
卵_e0303187_13103606.jpg

by yasato8310 | 2020-02-27 13:32 | 日々 | Comments(0)

ハル

ハル_e0303187_23141670.jpg

おやっ? ハルさん髪形変えた?
ハル_e0303187_23143106.jpg

えへへ〜♬ 耳をたたんでいただけだよー。
ピヨヨ〜ン(耳の伸びる音)。

と、遊んでる場合じゃありません。
夕方、窯に点火。 今夜は本焼きです。
by yasato8310 | 2020-02-26 23:22 | 日々 | Comments(0)

フキノトウのオムレツ

フキノトウのオムレツ_e0303187_23041818.jpg

去年、Hちゃんにもらったフキノトウのペーストが美味しかったのでレシピを教えてもらった。
刻んだフキノトウをオリーブオイルで炒めて塩と酢を加える。酢はアクをおさえるらしい。
カシューナッツを加えてフードプロセッサーにかける。
もう少しオリーブオイルを加えて出来上がり。

簡単なので素焼きの窯を焚きながら作ってみた。
あ、カシューナッツを入れるんだっけ。。。と、ナッツを探してみるも小袋分けのミックスナッツ
しかなかった。
小袋を全部開けてカシューナッツだけ取り出すのもなぁと思い、近くのコンビニにダッシュ。
ところがピスタチオとかアーモンドはあるのに、カシューナッツだけが無い。
いつもは置いてあるのになー。
スーパーまで行けばあるだろうけど、何しろ素焼き中。長い時間留守にしたくない。
そうだ、すりゴマで代用してみたらどうかな?と思いつき、白ゴマをゲットして帰る。
これが案外相性が良く、いい感じの味に出来上がった。
(フードプロセッサー過程は省略)

出来上がったペーストをさっそく使ったみたいので、オムレツに入れてみることにした。
先日春さんのブログで、お孫さんが卵にマヨネーズを入れてオムライスを作ってくれたのが
フワフワで美味しかったとあったので、これも真似してマヨネーズ入り卵にしてみたら
おお〜! フワフワで春の香りのオムレツが出来上がったぞ。



by yasato8310 | 2020-02-23 23:33 | 日々 | Comments(2)

光に透かすと

光に透かすと_e0303187_21523595.jpg

光に透かすと_e0303187_21521929.jpg

これ何かというと、タクアンの薄切りです。
友達がくれたタクアンをちょっと塩抜きして、薄切りにしてパリパリ食べてた時に
ふと光にかざして見たら。。。。すごくきれいで、しばし見とれる。
ピンボケだったけど。
by yasato8310 | 2020-02-17 22:00 | 日々 | Comments(0)

黒い人影

山を降りていく途中のセルフビルドのFさんちの庭は、南国的な植物がいろいろ
植えてある。
寒さに弱いなんとかヤシ(名前忘れた)は冬の間、遮光ネットの黒いやつでぐるぐる巻きにされて保護されている。
ここ数年、冬のこの姿は見慣れているんだけれど、車でブーンと登ってくるときに
左目の端にこの黒い姿が映ると「わっ、I S がいるのか?!」と毎回どきっとしてしまう。
黒い人影_e0303187_22360149.jpg
去年までは実際の人の身長ほどだったけど、今年は身長が伸びたなー。
上橋菜穂子さんの「獣の奏者」に出てくる、森に住む頭巾をかぶった長身の霧の民「アーリョ」みたいだなと
思うこの冬のなんとかヤシ。

by yasato8310 | 2020-02-14 22:57 | 日々 | Comments(0)