カテゴリ:日々( 293 )

駆け抜ける想い

e0303187_09255340.jpg


                      この小さなアルミの皿は、ずいぶん前にMちゃんに
                      もらったもの。
                      Mちゃんの実家は大きな金物屋さんだったらしいけど、
                      店じまいする時にいくつか残してあったものを「好きそう
                      だから。」と、くれた物の中のひとつ。
                      その中のちいさなホウロウのポットは月兎印のシールが
                      貼られていて、すごくかわいいので洗う時に気をつけながら
                      大事にこすらないようにしてたんだけど、
                      やっぱり紙だからねぇ、いつのまにかシールはなくなって
                      しまった。
                      でもこのアルミ皿のマークは刻印なので、今も健在。
                      疾走する馬の背中に人が乗っている絵図。
                      ちいさいけれど、よく見れば競馬の騎手と馬らしい。
                      月兎のマークもこの競馬のマークも、モノを作る人の想いの
                      ようなものが感じられて、いいなぁ。。。と見入ってしまう。
                      業界の中駆け抜けて、一番になりたいなぁというような
                      中小企業の社長さんの想いが込められているのかなぁ。
                      
[PR]
by yasato8310 | 2018-05-19 09:52 | 日々 | Comments(2)

5月の窓

e0303187_08445841.jpg


                         色ガラスをはめたのか?と思うような
                         5月の窓。
[PR]
by yasato8310 | 2018-05-18 08:47 | 日々 | Comments(0)

陶器市こまごま その3

e0303187_22031311.jpg


                    会場の向かい側のお蕎麦屋さん(陶器市期間だけの)の
                    庭から、大胆に道路半分ほどまで伸びている枝に
                    たわわに実ったサクランボ。
                    まさに食べごろで、ルビーのような赤い実が晴れ上がった空に
                    映えてキラキラ。
                    去年もいっぱい生っていたけど、今年はすごい。
                    ちょっと見上げて手を伸ばせば届くのに、歩いてる人たち
                    だーれもとらないんだね。お行儀いいなあ。
                    お蕎麦屋さんも、かき入れ時なのでサクランボどころではないらしい。
                    「みんないらないのねー。」
                    「いっぱい食べちゃうぞー。」と鳥たちが独り占めで食べてました。
                    うちのサクランボは今年も青い実のまま落ちてしまった。     
                    いつかこんなたわわな赤い実をつけることがあるのかなあ?
                    その前に伐られちゃうかなあ?
                    
[PR]
by yasato8310 | 2018-05-13 19:03 | 日々 | Comments(0)

陶器市こまごま その2

e0303187_22034507.jpg


                   Tさんが、連休前半に実家のある三重県に行ってきたからと
                   おみやげにくれた「生せんべい」。
                   生せんべい〜?
                   薄っぺらいけどずっしり重いビニール包装を手にして
                   しばらく動きが止まる私。
                   「三重県のおみやげじゃないけどね。こうしてはがして
                   食べるの。」と、慣れた手つきで説明してくれるTさん。
                   きっと子供の頃からのなつかしい食べ物なんだね。
                   で、この黒いとこはアンコ味?と聞くと、
                   さもあたりまえじゃん!という顔で「普通に黒糖味よ。」との
                   こと。
                   生産地を見ると、愛知県。
                   あのあたりでは昔から普通に食べられてるお菓子なんでしょうかね?
                   ちょっと「生せんべい」の味が想像つかず、家に帰るとさっそく
                   わくわくとビニール袋を開けてみた。
                   お味は。。。?
                   これがなんとも、おいしい〜。
                   でも何に似てるといったらいいのかなあ?
                   ウイロウのような感じ?
                   ちょっとファンになっちゃいました。
                   でも、2ミリほどのべたつく板状の「生せんべい」を上手に
                   はがすことができなくて、せっかちな私、2ミリ×3枚=6ミリ
                   のまま食べちゃいました。
                   愛知県のみなさん、Tさん、ごめんなさい。

                   

[PR]
by yasato8310 | 2018-05-11 15:12 | 日々 | Comments(0)

陶器市こまごま

e0303187_22032905.jpg


                   ちょっと不思議なこと。
                   陶器市の期間中、Sさんがちょっと店番をしてくれると
                   言うので、ダッシュでまわりのテント村を見に行った。
                   ポケットに5千円札を一枚突っ込んで。
                   古物やさんで300円と500円の買い物をしてから
                   木工作家のMさんとSさんのテントに寄ってみた。
                   Sさんの新しいデザインのスプーンが素敵だなぁとながめていると、
                   韓国のスッカラが使いやすいので形を真似て作ってみたんですよと
                   Sさん。
                   エンジュの木をクチナシで染めた一本を選んで、お金を払おうと
                   さっきのお釣りを小銭ごとポケットから取り出すと。。。。
                   あれっ?
                   何でだろう、10円玉が混じってる?
                   800円の買い物だったから、お札の他は200円のはずなのに。
                   しかもコレ10円玉にしてはちっちゃい。
                   え? 何これ? 
                   よ〜く目を近づけて見たら、ONE CENT って書いてある〜。
                   なんでこんなコインが混じってるんだぁ?
                   いつどこでポケットの中に入り込んだんだ?
                   不思議だなぁ。
                   出る時にはお札しかポケットに入れてなかったのにね。
                   キツネにつままれたような話。
                   残りのお釣りも木の葉に変わっちゃたりしてね。
                   
[PR]
by yasato8310 | 2018-05-10 22:34 | 日々 | Comments(0)

夜の訪問者

e0303187_21261367.jpg


                    昨日まで、連日夏のような暑さと日差しの陶器市会場。
                    今日は曇り空で、来場者も出店者もほっとした表情でした。
                    ゆうべ家に帰って来て、デッキの植木鉢に水をやろうと
                    ガラス戸を開けようとしたら、こんなシルエットがペタペタと
                    ダイヤガラスの向こう側で動いてる。
                    おやおや、ヤモリさん来訪ですか。
                    家を守るヤモリさん、我が家へお越しいただいたのは
                    はじめてですねー。。。と、お迎えに出ようとしたら、
                    さささっと夜の闇の中へ消えてしまいました。
                    
                    
[PR]
by yasato8310 | 2018-05-02 21:42 | 日々 | Comments(0)

今日のハル

                     益子の陶器市までもう十日をきってしまった〜。(汗)
                     小さな窯で素焼きを何回か焼きつつ、釉薬掛けの日々。
                     そして大きい方の窯で本焼き予定。
                     あー、たまにはゆっくりじっくりと時間の制約なしにものを
                     作ってみたいものだ。。。とは思うけど、お尻に火がつかないと
                     案外ものって作れなかったりするねー。
                     しかし、やきものは最後のどんでん返しってやつもあるから
                     怖い怖い。
                     同じ材料で合わせた釉薬を同じように焼いても、
                     窯を開けたとたん「あちゃ〜!」ということは数知れず。
                     前回の窯は比較的安定した釉薬のものが多かったので、
                     それほどドキドキせずに窯を開けたのに。。。。
                     「ん」???
                     一瞬何事か、状況が把握できなかった。
                     釉薬の色が違うー。
                     な、なんでこんなことに〜?!
                     ま、これはちょっとしたミスだったんだけれど、結果は大きい。
                     こういうことに鍛えられて、気持ちの立て直しだけは
                     うまくなったなと思うやきものや生活(反省はないのか?!)。
                     忙しくてかまってもらえないハルはデッキの端っこで一日中
                     日光浴。
                     日焼けして健康色になるつもりですか?
          
e0303187_13574787.jpg
                     


[PR]
by yasato8310 | 2018-04-19 14:00 | 日々 | Comments(2)

次のページをめくる

e0303187_21054256.jpg


                   どんどん緑に塗り込められてゆく。
                   春から初夏までの間のページが音もなくめくられて
                   ゆくようだ。
                   きのうの朝、すいっとトンボが目の前を横切っていった。
                   
                   
[PR]
by yasato8310 | 2018-04-13 21:14 | 日々 | Comments(0)

動き出す季節

e0303187_11461276.jpg


                    植物たちも日々もりもりだけど、
                    動物たちも負けていない。
                    毎日、家の中のあちこちで見かけては「ひっ!」と
                    身をすくめている。
                    今日はトラックの屋根にヒッチハイクか?スズメバチ。
                    
                    シートをめくったら、へーさん(長いやつ)もニョロっと
                    出てきたし、Aさんちではもうムーさん(足いっぱいのやつ)も
                    出たと言ってた。
                    ふー、油断できない季節になったなー。
[PR]
by yasato8310 | 2018-04-06 11:55 | 日々 | Comments(0)

窯焚きの日

                    昨夜から本焼きで、早朝窯のガス圧を見に行ったついでに
                    車のそばを通ったら、あれれ。。。
                    フロントガラスが粉まみれ。
                    寝不足の頭でボーッとしばらく見つめていたけど、
                    これ、花粉でしょうか?と気がついた。
                    午後、窯焚きも終わり、ビールを買いにコンビニへ行った帰り、
                    筑波山ふもとの辺りがなんだか白っぽい。
                    なんだろう?と眼を凝らしてみると、花粉がもうもうと
                    立ち昇っているのだな。
                    は〜。 花粉症のひとなら気絶しちゃいそうな光景。
                    こんなふうに目に見えるのって、東日本の震災のときに
                    大きな余震のたびに遠くの山からのろしのように
                    立ち昇ってた花粉を見た時以来だなぁ。
                    すごい光景だなー。
                    すごいけど、こんな環境に住んでいて花粉症にならない私も
                    すごいなー。

[PR]
by yasato8310 | 2018-03-30 16:54 | 日々 | Comments(4)