人気ブログランキング |

カテゴリ:植物( 79 )

四月の庭

e0303187_21085251.jpg

大胆な切れ込みの葉っぱが気に入って買ったタンチョウソウ。
丹頂鶴の広げた羽根に似ているから名づけられたのかなぁ。。。と、思っていたけど。
この春、咲いた花を見て納得〜。
まさに丹頂鶴だよねぇ。
土からモコモコと出ていた蕾が、ある日ぐーんと茎を伸ばして咲いたと思ったら、
赤い帽子を乗っけたような長い首の丹頂鶴になりましたとさ。

さてさて、先日アップしたオキナソウはといえば、
こんな風になりました。
e0303187_21091167.jpg

なるほどねー、翁のヒゲになってる。
庭にしゃがみ込んで花々を眺めてると飽きないけど、昨夜から窯たきの今日、
庭と窯小屋を行ったり来たりの一日だった。
益子の陶器市まであと1週間。
仕上げのペーパーがけやら梱包やら設営やらで、今回も相変わらずバタバタと会期に
突入していきそうです(汗)。
窯、うまく焚けていますようにー。
by yasato8310 | 2019-04-19 21:36 | 植物 | Comments(0)

見上げればスミレ

e0303187_08242319.jpg

あ〜、気持ちいいなぁ。。。。と青い空を見上げたら、
ありゃ!
雨樋にスミレが咲いている。
逆光に花びらの色が透けて、思いがけない美しさ。
花の咲いてる間はこのまま楽しもうかな。
by yasato8310 | 2019-04-18 08:30 | 植物 | Comments(2)

何の樹?

e0303187_15492562.jpg

5〜6日前のこと、四万騎農園の見事な菜の花畑を見に行った。
どこまでも広がる黄色い畑は、むせかえるような菜の花の匂いに包まれて、
それはそれは嬉しくなる風景だった。

そしてこの不思議な形のケヤキ、何十年か前に長野だか山梨から移植されたものだそう。
薪にするのに切り倒すとき、背が高い樹は大変なので、里山ではこんな形に育てるらしい。
そのままの形がツリーハウスのようで、人や動物を抱きかかえてくれそうなこのケヤキの
見事な姿にも見とれてしまった。


by yasato8310 | 2019-04-13 16:06 | 植物 | Comments(0)

今年もアオキさん

e0303187_21261251.jpg

桜もいいけど、柳の新芽もいいけど。。。
地味だけど、おしゃれな感じのするアオキの花が見ごろ。
キャベツのように柔らかく巻き込んだ幼い新葉も可愛らしい。
e0303187_21262899.jpg

アオキは葉っぱも赤い実もおおざっぱで、しかも日陰に生えていたりするので
あまり目にも止めない植物だったけど、こんな可愛い花を咲かせることを知ってからは
ついつい「アオキさ〜ん」と呼びかけちゃうなあ。
by yasato8310 | 2019-04-05 21:37 | 植物 | Comments(2)

ひげ?

e0303187_19320661.jpg

先月、花屋さんでオキナ草の苗を買った時に、「花が終わっても切らないように。枯れた花の
中からヒゲみたいなのが生えてきますから。それでオキナ草というんですよ。」と教わった。

そして、花の後に出てきたのはこれ。
e0303187_19315201.jpg

翁のヒゲという感じじゃないなー。
どちらかといえばライオンのたてがみのよう。
そこで調べてみたら、このライオンのたてがみの後に翁のヒゲのような
ふわふわの羽毛が出てくるそうな。
種を包んだその羽毛があちこちに飛んで、たくさんのオキナ草が来年咲いてくれるといいなあ。

葉もふわふわなオキナ草。
e0303187_19322047.jpg


by yasato8310 | 2019-04-01 19:46 | 植物 | Comments(0)

e0303187_23104079.jpg

桜もいいけれど、この時期に心魅かれるのは柳の新芽。
風にしなやかに揺れる緑がきれいだなー。

by yasato8310 | 2019-03-28 23:14 | 植物 | Comments(0)

春は駆け足

e0303187_23080385.jpg


1週間ほど前に庭仕事をしてた時に、ふとシュンランのことを思い出して
山椒の木の根元を眺めてみたのだった。
去年、その辺りを盛大にイノシシのラスコー兄弟が掘り返して蹴散らし、シュンランの株も
無くなっていたのだが、やっぱり今年の春は姿が見えなかった。
今日、facebookの春さんの投稿に、篠竹を刈っていたらシュンランが蕾をつけているのを
見つけた。。。と書いてあったので、
う〜ん、今年はうちのシュンランなくなっちゃったんだけどなー。。。と、思いながらも
ちょっと念のために下の庭まで降りてみた。
すると、なんてこと!
ひよひよとした篠竹の赤ちゃんをかき分けてみたら、一輪シュンランが咲いていたー。
蹴散らされてそのまま根付いたらしく、株は斜めに生えている。(笑)
しかもなんとなく弱々しい。
それでもなんとか生き残ってくれた。
ジジババの呼び名どおり、いつも二輪寄り添って咲くのに
今年は一輪で寂しそうだ。 ラスコー兄弟の奴らめ。
2〜3日前は、朝の散歩でウグイスの下手くそな初音を聞いた。
あ〜、春は駆け足でやってくるから、いつも心が追いつかないなぁ。

by yasato8310 | 2019-03-05 23:43 | 植物 | Comments(0)

1月の庭

e0303187_17445161.jpg


一日中しんしんと寒い日だった。
薪を取りに外へ出たときに、ふと枯葉の吹き溜まったあたりに目をやると、
おお〜! クリスマスローズの蕾が🎵
曇り空のてっぺんから、スーッと明るい日差しが届いたような、
その場だけが光に満ちている感じ。
春遠からじ。。。だ。

そしてちょっと下の方にも目をやると、ここにも何か咲いてるコがいる。
ハルジオン? いやいや、アキジオンの咲き残り?
きれいなピンクの花の他にも、まだまだ咲く気満々の蕾がたくさんついている。
ふむ、キミもがんばっているね。

e0303187_17452304.jpg


家の脇の灯油タンクの足元には黒龍が生えていて、黒い艶やかな実ももう終わり。
散歩から帰って台所の入り口から入ろうとする直前、何分の1秒かだけれど
ハルがサッとこの黒龍の方に顔を向けるのに気がついた。
そして家に入りながら口がモグモグ。
通りすがりに黒龍の黒い実を、毎日一粒ずつ食べているのだった。
へ〜、美味しいのかね?
と、一粒わたしも口に入れてみると、ほー🎵
なんと、甘いリンゴ味であったよ。
そんな実もハルに食べ尽くされて、干しぶどうみたいなのが数粒残っているだけの一月の庭。

e0303187_17450614.jpg




by yasato8310 | 2019-01-12 18:13 | 植物 | Comments(0)

今年のビワは?

e0303187_17370956.jpg


釉掛けがようやく終わり、窯づめ。
そしてついさっき窯に点火。
焼き直しのものなどもあったので、めんどくさい窯詰めに
なっちゃったけど、なんとなく心和むのは窯小屋の脇の
ビワの花に目が行くからだ。
秋の陶器市に向けての窯焚きの時はいつもこのビワの花を見ては
ほくそ笑んでいるような気がする。
今年は豊作だなー、と。
でもたいていは途中で実が落ちちゃったりハクビシンに食べられちゃったりだ。
しか〜し、今年の花の多さよ!!
半分ハクビシンに食べられたとしても結構口に入るんじゃないのかなー?
近寄ると、ほのかに甘い香りがするビワの花。
今年は頼むぞー。
e0303187_17363193.jpg

by yasato8310 | 2018-10-26 17:55 | 植物 | Comments(0)

パッションフルーツ

夏も半ば頃になって、売れ残ったパッションフルーツの苗が
50円で売られてたので2株買って植えてみた。
この夏は暑かったから、グリーンカーテンになるといいなぁと
思ったんだけど、なにしろ植えたのが遅かったから
暑い盛りには腰の高さにもならなかった。
で、日差しが嬉しい今頃、日除けになってるパッションフルーツ。
やれやれ。。。家の中、寒いよ。

ネットに絡みついてるツルというかヒゲというか、
一本一本に性格があるのが面白い。
e0303187_23104621.jpg

これはけっこうおおらか。
e0303187_23110768.jpg

こいつは几帳面。
e0303187_23112891.jpg

あ〜、こういう子もいるねぇ。
同じ苗から出てるヒゲでも、それぞれ巻き方が違うのが面白い。
そして数日前から蕾が付いてきた〜♪
e0303187_23114871.jpg

今ごろ蕾で、冬前に実になるんでしょうかねぇ?
アリがうっとり蕾に止まってます。甘い匂いでもするのかなぁ。

by yasato8310 | 2018-10-13 23:35 | 植物 | Comments(0)