人気ブログランキング |

穴 その後

e0303187_22100373.jpg

例の穴は、ますます深く掘り進められていたので
「あ〜もう、オオスズメバチの巣なんかに利用されたら後々大変なんだからー」と、
再びスコップで埋めていたら。。。。はたと気づきました。
1mほど離れた二つの穴は地面の中でつながっていました。
もしくは、つなげようとしている途中。
これはやっぱり誰かの建築中の巣穴だったんだなあ。
動物の巣穴を見たことはあったけど、こうして作っている過程を見るのは初めて。
入り口は大きく、誰かに襲われた時には別の小さな穴から素早く逃げる構造なのね。
なかなかに慎重に時間をかけて巣穴を作っている訳だけど、その間寝泊まりしている寝ぐらは
他にあるってことだよね。
しかも二度も人間に(私だけど)邪魔されながらも、ここの場所に執着している理由は
何だろう?
「誰かが邪魔してる。ここは危険なんじゃないか?」とは考えてないってこと?
掘り出された柔らかな土に足跡がついてないかと目を凝らすんだけど、
それらしいものは認められないので体重の軽い動物なんだろう。
いつかこの場所で、バッタリと建築者と出くわす日がくるだろうか?
「あ、君がこの穴を?」
「あ、おまえが建築を邪魔してたやつか?」
e0303187_22102686.jpg


by yasato8310 | 2019-06-28 22:38 | 日々 | Comments(2)
Commented by at 2019-07-01 18:16 x
ニホンアナグマが、子どもに穴掘りの練習を差せているのかな?最初は浅かったそうなので、中からじゃなくて、外から掘っていたのですよね。もし、そこいらじゅうの地下に巣が張り巡らされていたら、面白いですね(^^♪モグラなら、うちの地下はそうなっているけれど(笑)。
アナグマは秋に子離れするとき、娘だけ一匹遺しておいて、次の年に子育ての手伝いをさせるんですって!
Commented by yasato8310 at 2019-07-01 20:26
> 春さん
へ〜、アナグマは娘に子育ての手伝いをさせるんですか。
娘が子供を産んだ時の予行練習にもなるんでしょうね。
モグラのテリトリーは50m四方らしいけど、あの小さな手でその広さを
掘るというのもすごいです。
動物たちの、環境にそくした生き方や知恵にいちいち目を見張る田舎暮らしです。

<< 君か? 眠る蝶 >>