人気ブログランキング |

気になる招き猫

e0303187_21435338.jpg


陶器市期間中のこと。
朝、駐車場に車を停めて、後ろのフェンスとの間隔を確かめるために
車の後ろを覗いたら。。。。
フェンスの向こうに、こんなものが見えた。
二匹の招き猫。
フェンスの向こうは身長ほど低くなっているので、この猫たちを見下ろすかたちになる。
積み上げたコンテナの上に無造作に乗せてある。
もしくは捨ててある?
うーむ、張り子だろうか? 土ものだろうか?
気になるなぁ。
手を伸ばしても届かないし、会場に急がなくちゃならないのでのんびり眺めていられないし、
次の日は別の駐車場に停めたし。。。。で、それっきりこの招き猫のこと忘れてたけど、
陶器市が終わった今もまだあのままかなぁ?
by yasato8310 | 2019-05-20 22:01 | 日々 | Comments(4)
Commented by at 2019-05-28 08:53 x
これは高崎の張り子の招き猫です。大きいので邪魔になって、でも一気には捨てられなくて、ボロボロになるのを待たれているのでしょうね。合掌!
↓コックさんは、私も手にフライパンを持たせましたよ(笑)。「つるはまるまるむし」もやりませんでした?
お絵描き歌はNHKの「おかあさんといっしょ」でいろいろ取り上げられていたと思うけれど、じゃんけんの「グリコ、チヨコレート、パイナップル」などもちょっとずつ変わって全国にあったみたい。「どちらにしようかな、神さまの言うとおり.......」もその続きが地域で違っていたみたい。面白いですね(^^♪
Commented by yasato8310 at 2019-05-29 10:53
> 春さん
招き猫情報、ありがとうございます。
陶器市期間中に、ひとつでも多く商品を並べたいと、棚から退去させられた招き猫たちじゃ
ないかと思うんですが、きっとこのまま忘れ去られて棚に戻ることはないのでは。。。と。

春さんが遊んだ絵描き歌のコックさんはフライパン持ちだったんですか!
フライパンのところのの歌はどんなふうに歌ったんですか?
ハゲ親父ふうの絵に仕上がる「つるはまるまるむし」、私たちは「つるはれれむし」と
言ってました(笑)。 
「グリコ。チョコレート、パイナップル」は階段のところで、ジャンケンをしてグーを
出したら三段、チョキなら6段というふうに上り下りして遊んだような。。。
「神様の言うとおり」というのもやったけど、そのあとに続く言葉は覚えてないなぁ。
まりつき歌なんかも地方でいろいろ面白いのがあるんだろうな。
「一丁目のいー助さん」で始まるのが私たちのまりつき歌でした。
このブログ読んでる人たちも自分たちの地方の遊び歌をコメント欄で教えてくれると
嬉しいな。
Commented by at 2019-05-29 16:30 x
毬つき歌「一番目のい助さん、いの字が嫌いで、一万一千一百斗、一斗一斗、一斗升お蔵に納めてサンダイショ」というのは、やりましたよ(^^♪サンダイショで股をくぐらせて、スカートの中のお尻あたりにゴムまりをキャッチします。
数年前、暮らしの実験室で「馬喰町バンド」が収集したわらべ歌を歌ったとき、「一里とらんらん、らっきょ食ってしっし、ちんがらほっけきょうとんからちんがらほい」という毬つき歌を歌ったのですが、60年ぶりくらいに聞きました(笑)。たぶん、聞いていた人たちの中で私しか知らなかったでしょうね。いろいろあります。
Commented by yasato8310 at 2019-05-29 19:55
> 春さん
あー、まりつき歌もちょっと違いますねぇ。
「一里とらんらん」は聞いたこともないです。
さっき、やきものやさんのf.b.で、「ダルマさんが転んだ」の地方での違いを読んだとこで、
あ〜こういう遊びにもバリエーションが。。。と。
でも単純な遊びで飽きもせず遊びましたね(笑)。
<< 森からの便り あっという間にコックさん >>