身欠きニシンと山椒と

e0303187_21584940.jpg


                     スーパーで身欠きニシンを見つけたので、
                     会津の味「山椒漬け」を作った。
                     酢と醤油と酒を適当に混ぜ、「ん〜、こんな味だよね」って
                     感じを火にかけてアルコールを飛ばし、冷めたら山ほどの
                     山椒の葉っぱとニシンにまわしかけて2、3日待つ。
                     一週間くらい置けば、もっとおいしい。
                     漬けたのを火で炙ったのもおいしい。
                     会津本郷焼きのニシン鉢、古くてちょうどいい大きさのが
                     見つかったら欲しいなあ。
[PR]
by yasato8310 | 2018-06-14 20:54 | 日々 | Comments(6)
Commented by yoshikazusuzuky at 2018-06-15 23:32
そっかあ〜
一週間後が食べごろかあ〜
いひひひひ
Commented by yasato8310 at 2018-06-16 12:27
> yoshikazusuzukyさん
食べごろになる前に、すでに半分になってしまってます。いひひひひ。
夏になる前のこの季節、山椒の香りの食べ物がおいしいですねー。
アゲハチョウの気分です。
Commented by しのpu3 at 2018-06-16 17:14 x
美味しそうだね!
身欠ニシンは、水でもどさなくてもいいの?
タレはヒタヒタ位?
ニシン鉢持ってたのに、どこ行っちゃったんだろう?
Commented by yasato8310 at 2018-06-16 18:59
> しのpu3さん
大きなウロコを取りながら洗って、しばらく米のとぎ汁に漬けたほうが
いいと思いますが、無洗米でとぎ汁も出ないので今回は洗っただけで
漬けました。
漬け汁の中で戻っていくから大丈夫。
漬け汁はひたひた、酢が多めの方がおいしいかな。
ニシン鉢持ってたんですか? マニアックだなあ。
探し出して、それに漬けましょうよ!
Commented by yoshikazusuzuky at 2018-06-18 09:06
もう半分無いの?
じゃあ一週間後に残っているの
は、漬け汁だけだね〜 f^^:
にしん鉢ってあるんだ。
うちのばあちゃん母親父親は、ニシンが大好物だったので、焼き物煮物いろいろな食べ方で食卓に並んでたけど、子どもの頃は骨の多さで食べず嫌いしてました。
大きく(大人ではなくて大きく)なってからだなあ美味い魚だと認識したのは。
にしん鉢を画像検索したら
旨そうなお料理もいっぱい出て来て
ニシンが食べたくなりました。(^〜^)
Commented by yasato8310 at 2018-06-18 17:45
> yoshikazusuzukyさん
私は山椒漬けくらいしかニシンは食べませんねー。
かための身欠きニシンが酢醤油で戻って、奥深い味わいになっていくのが
なんともおいしいし、酒のあてにぴったりです。
ニシンというと、子供の頃住んでいた函館ではすごくニシンのとれた時代の話を
学校の年寄り先生からよく聞きました。

<< 散歩道のルリタテハ 雨あがり >>