今日のハル

                     益子の陶器市までもう十日をきってしまった〜。(汗)
                     小さな窯で素焼きを何回か焼きつつ、釉薬掛けの日々。
                     そして大きい方の窯で本焼き予定。
                     あー、たまにはゆっくりじっくりと時間の制約なしにものを
                     作ってみたいものだ。。。とは思うけど、お尻に火がつかないと
                     案外ものって作れなかったりするねー。
                     しかし、やきものは最後のどんでん返しってやつもあるから
                     怖い怖い。
                     同じ材料で合わせた釉薬を同じように焼いても、
                     窯を開けたとたん「あちゃ〜!」ということは数知れず。
                     前回の窯は比較的安定した釉薬のものが多かったので、
                     それほどドキドキせずに窯を開けたのに。。。。
                     「ん」???
                     一瞬何事か、状況が把握できなかった。
                     釉薬の色が違うー。
                     な、なんでこんなことに〜?!
                     ま、これはちょっとしたミスだったんだけれど、結果は大きい。
                     こういうことに鍛えられて、気持ちの立て直しだけは
                     うまくなったなと思うやきものや生活(反省はないのか?!)。
                     忙しくてかまってもらえないハルはデッキの端っこで一日中
                     日光浴。
                     日焼けして健康色になるつもりですか?
          
e0303187_13574787.jpg
                     


[PR]
by yasato8310 | 2018-04-19 14:00 | 日々 | Comments(2)
Commented by yoshikazusuzuky at 2018-04-21 01:43
お尻に火がつかないと
案外ものって作れなかったりするねー

、、に
一票! 

ハルちゃん落っこちないよーにねー!(シンガポールの天空のプールの端っこみたいな状況にスースーするなあ) f^^:
Commented by yasato8310 at 2018-04-21 08:45
> yoshikazusuzukyさん
下地作りや、自然にできる紙のシミ作りに時間かけてるyoshiさんの仕事は、
お尻に火がついてからじゃ間に合わないでしょー?

怖くてデッキに出られなかったハルが、一旦出られるようになったら
こーんな端っこが大のお気に入りで、お前は岬の灯台か?!って姿で
赤鼻ぴかぴかさせて下の大海原(草ぼうぼうの庭)を監視してる毎日です。
<< 桃栗3年、ポポー10年? 今年のイワタバコ >>