人気ブログランキング |

近くの浅間神社

近くの浅間神社_e0303187_18500980.jpg


                 うちから数十メートルのところに石の鳥居があって、
                 その裏山を見上げると木々の間に大きな岩が見える。
                 地図にもナビにも「浅間神社」と、はっきり記されているので
                 山地主のKさんの個人的な山神様ってことでもないのかなぁ?。。。
                 と、長いこと疑問だった。
                 その岩のとこまで登っていったこともなかったんだけど、
                 暮れから、この近くの山林の木々を間伐していて、
                 この岩の辺りを抜けて山の向こう側まで林道が切り開かれた。
                 なので、「じゃあちょっと岩のとこまでいってみようか。」と
                 散歩のついでに登ってみた。

近くの浅間神社_e0303187_18503367.jpg



                 ほ〜〜。 これはでかい。
                 しかも岩の下から生えた木が岩を割っている。
                 下から見上げてたより実物はかなり大きいし、ただものではない感じ。

近くの浅間神社_e0303187_18505216.jpg


                 さらに後ろには二つの岩が双子のように並んでいる。
                 近くにはこんな大きな岩を見かけないのに、どうして
                 こんなところに大きな岩があるんでしょうね。

近くの浅間神社_e0303187_18511542.jpg


                 岩の下には、以前石垣か石段があったんだと思われる石組みが
                 少し残っていたので、昔は人が訪れていた所なんでしょう。
                 そういえば、今はうちで行き止まりだけど、地図では
                 鳥居の前の道が峠の方へ続くように記載されているので、
                 昔はこの道を通る人もけっこういて、お参りする人もいた岩なのかなぁ?
                 などと思いを馳せたうちの近くの「浅間神社」。



by yasato8310 | 2018-02-20 19:22 | 日々 | Comments(2)
Commented by at 2018-02-21 18:42 x
興味津々、石の信仰は面白いです。力をもらえます。
ちょっと前の生活ま、いろいろな楽しいことに満ち満ちていたのでしょうね。浅間神社詣でという講なんかあったりしてね。
春蘭、ちっとも花芽が大きくならないけれど、来週あたりから春らしくなるみたい、楽しみです(^^♪
Commented by yasato8310 at 2018-02-21 20:55
> 春さん
人間が非力だと自覚していた頃は、いたるところに小さな神や
大きな神がいて暮しに寄添ってくれていたんでしょうね。
この浅間神社の鳥居、私が引っ越して来た頃は毎年の暮れにヒラヒラと紙の
付いたしめ縄が張り替えられていたのに、ただの荒縄になり、今では古い縄が 
真ん中で切れてぶらさがっているの。
一応山の持ち主も知っているし、縄を張り替えていたおじいさんもご存命だし。。。
勝手に張り替えたりしちゃまずいかなぁと複雑な気持ちで眺めています。
毎朝散歩で前を通るので手を合わせていますが、きっとお参りしているのは私だけ。
「近くの浅間神社」というより「私の浅間神社」になりつつあります(笑)。
そういえば、益子のおばさんたちは春蘭をおひたしにして食べてました。
うちは株が増えないので(受難続きで)、もったいなくて食べられませんが。
<< 相思鳥の悲劇 春蘭がんばる >>