益子の自然

              去年の秋の陶器市の期間中のこと、不思議な動物や植物の絵を描くY子ちゃんから
              アサギマダラの幼虫の話を聞いた。
              益子の山の中で、春の陶器市のころにアサギマダラの幼虫が見られるというのだ。
              やきものやさんのWさんが長年、益子の自然観察をされていて、この時期には
              アサギマダラの幼虫が食べるキジョランの生えているあたりを歩き、幼虫を発見
              すると「今日、行くよ。」と突然連絡が入るのだそうだ。
              「私も行きたい。ぜひ春に声をかけて!」とY子ちゃんに頼んでおいたのだ。
              
              そして、今日突然の伝令が飛んだ。
              「今日、夕方5時半集合。行ける?」
              というわけで、急な伝令にバタバタと集まったのが7人。
              山の駐車場でWさんと落ち合い、すたすたと足早に山に入って行くWさんの
              後をみんなはひたすら追う。
              はるか下に沢の音が聞こえるキツい傾斜地を進むとわりにすぐに
              「ほら、ここ。」と葉の裏をめくってみせてくれるWさん。
e0303187_21295955.jpg
 
                おー、浅葱色に黄色の模様の幼虫が。。。
                そしてもう少し斜面を登ったところで、まためくった葉の裏に。。。
                
e0303187_21481833.jpg
<
br>
 
                キジョランの葉っぱは幼虫の食べた穴がぽつぽつあいていて、
                その隣には葉っぱを全部食べ尽くされたキジョランも。
                キジョランの葉を食べ、蛹になる時は別の木に移ることもあるんだ、と
                Wさんが説明されたと同時に、Kくんが「あ、ここ。」と
                別の木を下から見上げてつぶやいた。
                うわ〜。
                透明な緑色のひょうたん型のものが葉っぱにぶらさがっていた。
                アサギマダラの蛹だって。
                いやー、あまりのきれいさと、思いもかけない姿かたちに息をのんだ。
e0303187_22050155.jpg

                こんな山の中でひっそりと命をつないで、とおく1000km以上も
                渡りをして、海さえ越えて移動をして行く力強い蝶。
                毎年慌ただしくハードな時間を過ごす陶器市の前後や期間中なのに、
                夕暮れ迫る山の中でこんな姿を見せてもらえるなんて、今年はちょっと
                特別な5月だなあ。

                画像は、薄暗い山中のせいかピントがなかなか合わず、
                美しい姿が写せなかったのが残念なんだけど、画像無しも
                残念なので。。。。くすん。

                (私信)春さんへ
                    以前、このアサギマダラの観察に一緒に行きませんか?と
                    お誘いしたのですが、こんなふうに急な伝令で連絡する
                    時間もなかったので、ごめんなさい。
                
                  
              
              

[PR]
# by yasato8310 | 2017-05-02 22:15 | 日々 | Comments(4)

明日から陶器市

               今日は朝から「かまぐれの丘」のテントの設営や、ブース作りの一日。
               ときおり、光の粒が降ってくるように桜の花吹雪が頭上から
               降りそそいで、「わ〜」と皆の声が響く。
               まるで有元利夫の「花降る日」の絵の中にいるようだ。
               益子は今年まだ、なごりの桜があちこちに咲いていて、
               準備のざわざわした心をなごませてくれるのだ。
               明日は陶器市の初日。
               きっと朝から大勢のお客さんでにぎわうことだと思いますが、
               時々空を見上げてなごりの桜も楽しんでくださいね。

               「かまぐれの丘」第二会場に出店しています。

[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-28 22:22 | 仕事 | Comments(2)

2017 益子春の陶器市に向けて

e0303187_20263269.jpg


              素焼きの窯から出た「ボクたち貯金箱」の面々。
              こうして手板の上に並ぶと、「前ならえ」をおぼえたての新入生みたい。
              今回も益子春の陶器市、「かまぐれの丘」に出店します。
              「ボクたち貯金箱」の動物たちも勢揃いしてお待ちしています。
              どうぞお出かけ下さいね。

              益子春の陶器市は
              4月29日(祝)〜5月7日(日)です。

[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-20 20:42 | 仕事 | Comments(10)

蝶々に話しかける人

e0303187_19552522.jpg


              畑で過ごす時間はそんなに長くはないんだけれど、散歩の人や犬を連れた人なんか
              とちょっとした言葉を交わすことがある。
              この日は、軽トラに牛フンを積んだおじさんが「畑を見せてくださいよ。」と
              車から降りてきた。
              「えっ?こんないいかげんな畑を?」と思っていると、「畑を始めて2年目なので
              いろいろ知りたい、肥料は何をまいてるか?畝は立てないのか?この寒冷紗は
              何のためか?」と、次々の質問。
              肥料はまかない、畝もめんどうだから立てない、寒冷紗は蝶々に卵を産みつけ
              られないように。。。と答えていたら、「うちのキャベツには蝶々の卵ないよ。」
              と、おじさん。
              農薬はいっさい使わないけど青虫はつかないのだそうだ。
              「なんででしょうね?」と聞くと、「蝶々に語りかけるんだよ。」とのこと。
              「え、蝶々にですか?」と私。
              「うん。」と、おじさん。
              「どんなふうに? やってみて。」と私。
              「こうやって(空に手のひらを向けて)、蝶々さん、この畑のキャベツには
              卵を産まないでください。」と、おじさん。
              「それだけ?」
              「うん、それだけ。青虫はつかない。」
              なるほどね。 畑にいるとなかなか興味深い話を聞くことがあるのだ。

[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-18 20:22 | | Comments(0)

タンポポ

e0303187_20133383.jpg


               タンポポは、春の元気。
               ロゼット型に咲いているのを見つけた。

               昨日作ったのも無理やり窯詰めして、今日は素焼きの
               窯焚き中。
[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-16 20:26 | 植物 | Comments(0)

種蒔きどき

e0303187_20553843.jpg


               益子の春の陶器市も近づいて来て、もうひとふんばり作りを頑張りたい
               日々だが、畑のことも気になる季節。
               気温が上がるこの時期、種蒔きどきなのだ。
               オクラ、茶豆、トラ豆、月桃の種を蒔いた今日。
               以前はアカザが生い茂る休耕地だったけど、今は背の低い雑草しか
               生えなくなった畑。
               土地って短期間に植生を変えるものなのね。
               畑の向こう側は今もまだアカザの荒れ地。
               
e0303187_20473211.jpg


               背が高くなるアカザの茎は杖にすると良いみたいだけど、杖って何本も
               いらないよなー。。。と荒れ地を眺める。
               ところが、この前読んだ本にアカザのことが書かれていて、この実はキヌアに
               似ていて、栄養価も高いらしい。
               ホ〜。
               今まで杖にしか見えなかったアカザ、急に栄養食材に見えてきた。
               今年の秋はキヌアもどき、食べてみようか。
               
[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-14 21:29 | | Comments(2)

e0303187_20285365.jpg


              散歩の坂道途中、桜独り占めの中庭がある。
              独り占めはもったいないような、かといって
              ひとに教えるのも惜しいような。。。。

              鳥が散らした花房を、家で花見。

e0303187_20423255.jpg

[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-13 21:13 | 植物 | Comments(0)

今年も葉っぱアート

               今年もバナナの「葉っぱアート展」。
e0303187_22040873.jpg

e0303187_22062019.jpg

               レディース&ジェントルメン。
               見えませんか?
[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-09 22:30 | 植物 | Comments(4)

道に迷ったら

e0303187_20115110.jpg


                昨日宇都宮へ行った時、「目的地の近くです。案内を終了します。」と
                ナビに言われたけど、それらしい建物は見当たらない。
                通りを行ったり来たりしていたら、こんな店舗(?)が目にとまった。
                ん?「エポック社不動産」?
                お蕎麦屋さんみたいに見える店構えに、「外出中」の札が掛けてある。
                この時代がかった風情に「エポック」という言葉が不似合いなような、
                むしろピッタリなような。
                ここのガラス引き戸を開けて、三丁目の夕日風なアパートを紹介して欲しいような、
                欲しくないような。。。。
                
[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-06 20:28 | おでかけ | Comments(4)

肉食系

e0303187_22150489.jpg


                お隣さんのFさんがくれたユキヤナギの枝が日に日に勢いを増して、
                なんだかモリモリしてる。
                毛むくじゃらなタランチュラの手とかメヂューサの髪みたいな気配で、
                ひょっとして植物にも「肉食系」ってヤツがあるのか?
                ちょっと室内においとくのは気力負けしてきたので、野外に移動して
                もらうことにした。
                かといって、今が花盛りなので捨てるのはしのびなく、
                地面に枝をブスブス差して水を撒いておいた。
                うまくいけば、このまま根付くか?
                
                今朝思い立って、AさんがOPENした宇都宮の小さな雑貨やさん
                「GREEN GABLES」に出かけたら、「剪定したところだから。。。」と
                ミモザの枝を腕いっぱいいただいた。
                ユキヤナギには気の毒だけど、今日のリビングは春色のミモザにバトンタッチ。
e0303187_22171632.jpg


                
[PR]
# by yasato8310 | 2017-04-05 22:43 | 植物 | Comments(0)