<   2017年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

春は花とともに

e0303187_21233849.jpg


               うちの近くで一番はじめに咲く桜はこれ。
               一週間ほど前から咲き始めた。
               濃いピンク色が青い空に映えて、散歩の行き帰りについ足を止めて
               見上げる。
               見上げていると、中型鳥がさーっとやってきて、先客の小型鳥を
               蹴散らして桜の花をついばんでいる。
               そしてこんなふうに食い散らかす。
e0303187_21280347.jpg

               花はいっぱいあるんだから、先客と仲良くすればいいのにと思うのに、
               やっぱりでかい鳥のほうがブイブイ言って陣取ってしまうんだなー。
               この鳥、ヒヨドリかと思ってたら、ヘアースタイルがパンク頭じゃないし
               白い眉毛もある。
               なんだろう?と野鳥ハンドブックをめくってみるがよく分らない。
               大きさからいってツグミだろうか?
               これから追いかけるように枝垂れ桜やソメイヨシノ、山桜が咲き始める。
               そして足元にも春がいっぱいだ。

               
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-30 21:57 | 日々 | Comments(0)

藤森照信展

e0303187_13104568.jpg


                遠来の友Sちゃんが再び泊まりにやって来て、夜更けまであれやこれやと
                おしゃべりしてるうちに、「明日は藤森照信を見に行こうか。」ということに
                なった。
                ユニークな建築でファンも多いと思われる藤森氏の展覧会は、軽やかな
                視点やユーモアにあふれていて、やっぱりおもしろかった。
                草屋根や、二股のままの自然な形の木の柱などは、人がはじめて巣穴や
                洞窟から這い出て住まいを作ったときの住まいを想像させた。
                人工物だけど、自然と一体な住まい。
                巣穴に暮らしていたときは、外敵に見つからないように、自然の中に
                もぐりこんで暮らしていたはず。
                住まいがまわりの自然と離れて、地上で目立つように人工的なものになって
                いったのは、人間に外敵がいなくなって怖いものがなくなったと思い込んで
                いるからかもしれないな。
                自然物が取り込まれた建物にほっとするのは、カモフラージュされた巣穴の
                中にいれば守られていると感じる野生動物の本能なのかも。
                自然の雄大さやおおらかさも感じさせてくれる藤森氏の草屋根スタジアム
                が、オリンピックで採用されたらいいのになー。
                観客は競技を見おろしながら、斜面になった芝生にゴロゴロ寝転びながら
                声援を送る。。。というの、どうだろう?
e0303187_13122145.jpg

e0303187_13134439.jpg

                
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-27 13:52 | おでかけ | Comments(4)

興奮は波のようにやってくる

e0303187_22181269.jpg

                                            モモちゃん
                                         

                3連休のある日、「近くまで来たから」と
                ハルの母さん犬モモちゃんと、飼い主のMさん一家が訪ねてくれた。
                突然の訪問にハルは気も狂わんばかりの興奮ぶり。
                うれしくてうれしくて、Mさん一家の3人の間を床に這いつくばりながら
                駆け回る。
                母さん犬モモちゃんにも駆け寄るが、モモちゃんは「誰?このうるさい子。」
                と完全無視。
                「娘のハルです。母さ〜ん。」とすがりつくも、「ウウ〜ッ」と
                唸られるハル。
                親と子の、驚くべき温度差。
                「来る途中、モモちゃんを拾った見晴らし公園にも寄ってみたんだけど
                全然関心ないみたいだった。なつかしくないんだねー。」とMさん。
                モモちゃん、過去を振り返らない女なんだねー。
                
                その日の夜中、夢でも見たのか「オオ〜〜ン」と遠吠えのような
                ハルの鳴き声が一声、階下から聞こえてきた。
                つかの間の再会と別れに心が千々に乱れるハルであった。
                
                そして数日後、帰国の途についたと思ったSちゃん(先日の遠来の友)から
                電話。
                「エールフランスがストで、帰国が1週間後になったのでハルに会いに
                また行ってもいい?」と。
                で、ハルはまたもや興奮のルツボへと深く深く落ちてゆくのであった。
                
                
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-23 23:05 | 日々 | Comments(0)

アジアン麺

            昨日は納品と搬入で益子へ。
            いつも通るのどかな道の両側は、元気に伸び始めた麦畑。
            すこやかな緑色の畝が幾筋も並んでいるのを見ると、
            アフリカの女の子たちの編み込みの頭を思い出す。
            納品と搬入を終えるとお昼時だったので、ゾーファンチイ
            へ。
            細いジャリ道を走りながら頭の中はどんどんアジアご飯
            でいっぱいになっていくのに。。。。たどり着いたら
            定休日!ということが何度もあるチイカフェなので、
            今回は「OPEN]の看板を見たとたんファンファ〜レが
            鳴り響く♪
            オーダーしたのは カオソーイ(。。。だったかな?)。
            はじめて食べる麺だったけど、なんと麺の二段重ねなの
            だ。
            グリーンカレーみたいなココナツ風味の汁に麺が入ってて
            、その上に違う種類の麺を揚げたのがのっかってた。
            う〜ん。なにゆえ二種の麺?
            具は鶏肉のピカタみたいなのと厚揚げ。
            添えられた何種類もの葉っぱ類を乗せて、好みで
            レモンを搾っていただく。
            うわ〜♪
            ピリ辛でココナツ風味でカレー味。うま〜〜い。
            (夢中で食べて写真なし)
            チイカフェでご飯食べるとアジア旅に出かけたくなる。

            と、そこへ偶然Mちゃんが入って来て、「一月にスペイン
            に行って来たのー。」とスペイン話が始まった。
            バルでTVのサッカーを見ながら盛り上がるおじさんたち
            の物まねが絶妙にうまくて、大爆笑。
            ああ、そうそう、バルのおじさんたちってそんな感じ
            だよね〜と急になつかしくなってきた。
            さっきまでのアジア旅願望、Mちゃんのものまねで
            一気に消え去り、バルでタパスにコップワイン。。。
            の図に描きかえられてゆくのであった。


[PR]
by yasato8310 | 2017-03-19 21:36 | おでかけ | Comments(2)

時計たち

e0303187_21140664.jpg

e0303187_21154826.jpg


              ちょっと絵本のような時計を作ってみようかな。。。
              と思いまして、「ウサギとリスの月夜の散歩時計」と
              「岩の上でひなたぼっこライオン時計」が出来上がり
              ました。

              3月18日からの、もえぎ本店MOREギャラリー
              での企画展「時間を伝えるインテリア」に出品
              します。
              
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-15 21:26 | 仕事 | Comments(0)

第3回がちゃがちゃ大会

e0303187_22543717.jpg


             リベラの「ガチャガチャ大会」、行って来ました。
             今年は第3回です!
             お昼ちょっと過ぎにリベラ到着。
             この時間なら、子供たちは家でお昼ご飯だろう。。。と
             いう考えは甘かった。
             並んでる。何組も。。。
e0303187_22531695.jpg

             年々、熱をおびてくる「ガチャガチャ大会」。
             子供たちの作る「ひかりのうろこ」や「豆本」も
             楽しみだけど、大人の参加者の作品にも期待がふくらむ
             なー。
             今年は石川県や外国からの参加者も。
e0303187_22514620.jpg

             こらこら、そっちから勝手に選んじゃダメだってば〜。
             ヨシ先生、気が抜けない。

e0303187_22485265.jpg

    
             毎年「ガチャガチャ大会」で会う子たちも
             だんだん大人っぽくなっていて、子供の一年って
             すごいなぁ。
             リベラの壁には、子供たちの描いた10年後の
             自画像がいっぱい貼られてたけど、
             10年後に大学生や大工さんになった子供たちは
             きっとなつかしく思い出すんだろうなー、今日の
             「ガチャガチャ大会」。
             
e0303187_22453354.jpg


             ちなみに今回の私のガチャガチャ。
             「旅でであったクルマたち」です。

e0303187_22564028.jpg


             

             
             
             
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-13 23:41 | おでかけ | Comments(0)

踊る光

e0303187_20181931.jpg


             ストーブの上に加湿器がわりに置いてる寸胴鍋の水に、
             ガラス戸越しの陽が反射して壁にキラキラと踊る。
             なんだか宇宙の図鑑なんかに載っていそうな(星雲
             とか?)楕円の流紋。
             キラキラゆらゆらの踊る光を眺めていると、
             催眠術にかかっちゃいそうだ。
e0303187_20140326.jpg




[PR]
by yasato8310 | 2017-03-10 20:33 | 日々 | Comments(0)

白い朝

e0303187_08473019.jpg


              昨夜降った雨が、寝る前にはもうバリバリと
              凍っていた。
              冷え込んでいた今朝散歩に出ると、霜で真っ白な
              世界が目に入った。
              家の屋根も畑もガードレールも、キラキラ朝日に
              輝く。
              そんな真冬みたいな風景が戻ってきても、
              「冬将軍よ、もう君の季節はおわりだよ!」と強く
              思うのは、高い梢の上から今年初めての
              「ホ〜 ホケキョ♪」が聞こえてきたからだ。

e0303187_08490385.jpg


              
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-08 09:03 | 日々 | Comments(0)

あっちでもこっちでも

e0303187_23030046.jpg


             おとといの夜から昨日にかけて窯焚き。
             その間、掃除をしていたらゴロリと壷作り名人(泥蜂)
             の巣が隅っこから転げ出てきた。
             あ〜。まったくもう。。。と外に捨てるのもめんどうで
             薪ストーブの中にほうり込んでしまった。
             で、それっきり忘れてストーブを焚いていたら、
             薪でつぶれることもなくきれいなレンガ色に
             焼き上がった壷が灰をかぶってでてきたー。
             こんなに赤く焼けてるんだから、けっこう鉄分の多い
             土だね。
             泥蜂のやつめ、仕事場の粘土盗んでいないだろうね?
             窯小屋でも家のストーブの中でも窯焚きの昨日でした。

[PR]
by yasato8310 | 2017-03-05 23:21 | 日々 | Comments(2)

e0303187_20513681.jpg


              上の空き地で拾った鳥の巣。
              春一番か春二番の大風のときに落っこちたのかな?
              枯れ草と篠竹の葉っぱという材料は、この空き地に
              ある植物と同じなので、立ち止まった足元に落ちて
              いなければ気がつかなかったかも。
              たぶん去年作られた巣だと思うけど、雨風に
              さらされてまだちゃんと形を保っているってすごいね。
              草と葉っぱとくちばしだけで作っているのに。
              小鳥の一生懸命さが伝わってくる小さな巣。
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-02 21:06 | 日々 | Comments(0)