カテゴリ:おでかけ( 71 )

2016年の初詣

e0303187_18565019.jpg


             まるで春のような暖かさの中、益子へ。
             去年はちょっと浮気心でT神社へ初詣したけれど、
             今年は本命の益子西明寺。
             山の石段を登りきって、この茅葺きの山門に迎えられると
             「ああ、今年も良い一年になりそうだ。」と思える。
             去年一年に感謝してお参りをすませてから、おみくじを
             引くと吉。
             同行のSさんも吉。
             「これくらいがちょうどいいねー。」と言いあいながら
             甘酒をいただいた。
             まぁ、大吉が出たらそれなりに小躍りするんだろうけどね。

             本殿をのぞき込んでいると、「今年は本尊様の十一面観音が
             御開帳になっていますので、どうぞ。」と言われ、中へ入ると
             古くて頭の十一面もひとつしか残っていない観音様が布の合間から
             見ることができた。
             1111年前に彫られた観音様とのことで、普通は12年に一度
             丑年に御開帳になるのだけれど、今年は特別に御開帳されているのだ
             とのことだった。
             木は油っけもすっかり抜けて、虫食いも多いのだけれど
             手前にある鎌倉時代に彫られた仏様たちとは全く違うやさしさなのだ。
             人の手で彫られた仏様なんだけれど、千年もの時間の流れの中で
             自然の一部に戻ってゆくようなかんじなんだろうか。
             山のお寺なので、いつもはひんやりとした冷気が感じられる西明寺の
             初詣なのだけれど、本殿の中で見せていただいた資料の本を
             眺めていても少しも寒くないのんびりした今日の初詣だった。
             
             山道を大羽のほうへ降りて、麦の緑がきれいな丘を走りながら
             「あったかいねー」という言葉が何度も口をついて出た。

             
[PR]
by yasato8310 | 2016-01-03 20:03 | おでかけ | Comments(0)

冬の扉

e0303187_17241382.jpg


              陶器市が終わって一段落、2泊3日で会津へ出かけた。
              自分が歳をとった分、まわりも歳を重ねているので
              けっして楽しい理由だけではない会津行きだ。

              会津へのルートはいろいろあるけれど、今回は
              白河から甲子高原を抜けて会津へ入るコースをえらんだ。
              自分の住む八郷ではまだ緑色も残るイチョウの木が黄金色に
              なっていて、
              カーブを曲がり込んだ先に陽を浴びたそんなイチョウの木が
              スックと一本立っていたりすると、まるで後光のさした
              観音様がたたずんでいるようだ。
              高原への道は今が盛りの紅葉で、おもわずこのまま温泉なんかに
              つかって何日かのんびりしたいよ〜と助手席のハルに話しかける。

              会津側が眼下に広がる休憩所で一休みして、なにげなくうしろを
              振り返ると、粉砂糖をふりかけたような山が。。。。
              前日までの雨が山ではもう雪に変わったのだなー。
              するとそれまでふりそそいでいた日差しが急に翳り、
              雲が低くたれこめてきた。
              あっというまに、今までの輝く紅葉の秋は灰色に変わって
              冬の扉口に立っていた。

              こういう、一瞬で変わる北国の空気感を長いこと忘れていたなー。

e0303187_1823398.jpg


              

              
[PR]
by yasato8310 | 2015-11-15 18:05 | おでかけ | Comments(0)

ヤッホーな祭り

e0303187_21375254.jpg


             今年の八豊祭(やっほうまつり)は、あっぱれな秋晴れ。
             窯焚きまでの時間がギリなので、午前中めいっぱい仕事をして
             お昼頃会場へ出かけてみた。
             モツ煮とか揚げたてコロッケなんかでお腹をみたして、  
             午後の映画ヴァンダナ シヴァの「命の種をだきしめて」の
             上映時間を待つ間に、去年やってみたかった縄ない、しめ縄つくりを
             体験してみた。
             縄をなうところを間近で見るのも初めてだ。
             地元の方たちが「こうやってね、こうすればホラできあがりだー。』と
             簡単そうに作って見せてくれるんだけど、身体がおぼえている作業
             なもんで説明がない。
             稲ワラがどうやってねじられていくのがよく分らないのだ。
             「もっとゆっくり」とやってもらってはじめて、二束のワラが
             手のひらの中でそれぞれにクルクルとねじれながら絡んでいくのが
             分った。
             ほほう!と思いながらやってみるけどうまくいかない。
             「あ〜、水つけるといいよー。」と、湯呑みに入った水を手のひらに
             つけてやってみてくれた。
             あー、なるほどぉ。なんとなくそれらしくなってきた。
             「ほんとはペッペってツバかけてやるのよー。はっはっは。」だ
             そうである。
             で、できたナワをくるっと輪にして端っこを差し込んでできあがり。
             なんとなくキリッとしないけれど、とりあえず今度のお正月に
             飾ってみよう。
e0303187_22232181.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2015-10-18 22:25 | おでかけ | Comments(0)

ちょっこっとだけ土祭

e0303187_844560.jpg


            午後、仕事のくぎりがついたのでちょっと益子まで
            車を走らせた。
            益子に住んでいた若い頃は時々訪れた益子参考館で
            「中南米の手仕事展」を見た。
            展示品は浜田庄司が個人的に収集した民芸品だから
            数は多くない。
            けれど、添えられた説明カードに浜田庄司がその品に魅かれた
            ポイントなどが書かれていて「ああ、なるほどね。」と
            ちがった視点からも眺めてみたりしてゆっくり楽しみたいところ。
            隣の長屋門では、メキシコの木彫りの動物の復刻品やガラスなどが
            売られていた。
            その中で素敵だったのは、メキシコの民族衣装を身にまとった
            こけし。
            庶民の民族衣装ではなく、黒白のモノトーンの繊細な衣装と
            ソンブレロのお金持ち風衣装。
            値段は?と見たら、15cmほどのこけしだったけど2万だか3万だか。
            「は〜、手が出ない。」とソロソロと手をひっこめる。
            
            そのあとメッセの広場での「てしごと村」へ。
            もう夕方で片付けが始まりかけていたけれど、パン焼きワークショップ
            などさせてもらってワイワイ皆の焼け具合をたのしんだ。

e0303187_9275167.jpg


            見上げると、澄んだ秋空にグイーンと飛行機雲。
            「てしごと村」の小屋はみんな竹でこしらえてあって素敵。
            手作り感のある場所に漂う空気はいいなー。。。と
            のんびりしちゃって、浜田邸でのトークショー聞きそこねちゃった。
            残念。


e0303187_9364343.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2015-09-25 09:39 | おでかけ | Comments(4)

ガチャガチャ大会当日

              閉まらないフタをなんとかマスキングテープで止めて、
              大会前日の土曜日に着くよう発送。(やれやれ)
              そして日曜にはリベラめざして出発!
              
e0303187_22214635.jpg


e0303187_2222417.jpg


              絵画教室リベラの入り口中央には、
              今年もガチャガチャマシーンがズ、ズーン!と据えられて
              おりました。
              今年は450個ほどのカプセルが用意されたとのこと!
              マシーンの中も、段ボール箱の中もカプセルでいっぱい。
              そしてカプセルのサイズをはなっから無視して作られた
              無法者な作品たちもテーブルの上に並べられております。
              
              午前中も子供たちの行列ができていたらしいけど、
              お昼過ぎにもワラワラと子供たち登場。
              ガチャガチャ、ガチャガチャ、ガチャガチャ♪♪♪
              自分で作ったカプセルを当てちゃう子や、
              女の子用のブレスレッドをふたつも当てちゃった男の子やら、
              子供たちのリアクションはいちいちおもしろい。

              私も子供たちに混じって5回ガチャガチャ♪
              おまけにもう一回廻させてもらって、ガチャ♪
              こんなものたちが当たりました。

e0303187_225499.jpg


              子供たち、また来年も会おうねー。
              リベラのヨシさん、おつかれさまー。
             
e0303187_2305836.jpg


              


              
[PR]
by yasato8310 | 2015-06-30 23:04 | おでかけ | Comments(2)

心に残ることば

e0303187_8364336.jpg


               水戸の近代美術館で開催中の ベン シャーン展関連企画での
               横尾忠則氏のことば。

               「今日の自分を壊して明日の自分になり続けること。
               僕はそれが芸術だと思う。」

               家に帰って来て、台所脇の壁に貼ってある小さな紙片に
               目がとまった。
               「後生大事にしてきたものを手放してゆかないと得られない
                                        横尾忠則」
               ということばが。。。。
               あれっ?前にも同じようなことばに心魅かれていたんだなー。
               
[PR]
by yasato8310 | 2015-06-18 08:51 | おでかけ | Comments(2)

変わること、変わらないこと

e0303187_80473.jpg


              ベン シャーン展。
              線のタッチや構図のとりかた、大きな手の力強さに
              今も変わらない魅力を感じた。
              人物がドーンと大きく画面に描かれた何枚ものポスターは、
              見る人の気持ちをぐっと引きつけて、シンプルな一言で
              内容を伝えるというポスター本来のあり方をあらためて
              見せてもらったような気がした。
              街そのものがメディアだった時代なんだなぁ。
              街が力を持っていたというか。
              
             
              
[PR]
by yasato8310 | 2015-06-16 09:04 | おでかけ | Comments(0)

松本行き

              ひょんなことから松本へ一泊2日の旅。
              同行のMさんが宿と電車の手配をしてくれたので、
              新幹線に乗るのは知らされていたけど、
              どこの新幹線に乗るのかも把握していなかった私。
              春に開通したばかりの北陸新幹線だと知ったのは、乗車直前。
              流行とか新しいものにほとんど縁のない暮しの私なのに
              結構早い北陸新幹線体験だったー。

       
e0303187_21351296.jpg


              車窓からは雪冠の山々。
              旅に出て気づくのは山の姿の違い。
              

            
e0303187_2139316.jpg


              松本駅に降り立つと、草間弥生の水玉バスが走ってるー♪

e0303187_21422273.jpg


              松本クラフトフェアはクラフトフェアとしては老舗的存在。
              今回31回目。
              町中でもいろいろなイベントが開催中。
              古い商店の通りにも、たくさん楽しいギャラリーや
              ショップが点々と並び、ワクワク歩く。
              すてきな外カフェも。 様々なレモネードが飲める。
              迷った末、私はネーブルを選択。Mさんはデコポン。

e0303187_21533027.jpg


              てくてく歩くと、こんなものも発見。
              手まり模様なんだね。

e0303187_21555477.jpg


              黄昏時、「何を食べようかー」とブラブラしていたら
              通りに屋台やテーブルの並んだ「宵祭」を発見!
              おやおや、アイリッシュバンドの演奏も始まった♪
              相席した地元松本のひとたちと、思いがけず楽しい
              お酒談義が「宵祭」終了時間まで続き、いささか
              飲み過ぎの夜。
              一人飲みの女性ふたり、ちょっとへそまがりのおじさん、
              父子みたいな他人のふたり、チェロ弾きのおにいさん、
              楽しかったね〜みんな。

e0303187_22144964.jpg


              踊るバイオリン弾き。
              踊る幼児。

              あれれ。。。。クラフトフェアが主目的だったのに、
              写真は一枚も無し。
             

              



              
 
              

              
[PR]
by yasato8310 | 2015-05-31 22:19 | おでかけ | Comments(6)

集合! 海っ!

e0303187_1102079.jpg


              ガラジのメンバー、益子組も笠間組もホッと一息のこの時期、
              お疲れさまご飯会とピクニックバザール10回目へ向けての
              ミーティングを兼ねて鵜の島へ。
              笠間からは車内蜂の巣をつついたような女子組車と、男子二人組車。
              益子からはKさんハーレム状態の男女混合車。
              現地 鵜の島で集合しました。
              益子組のハーレムの中には、Mやんの愛娘Tちゃんも。
              赤児だったTちゃんが2本足歩行動物に進化している(驚)。
              この急速進化ぶりを見ると、必然として対極の急速退化動物ぶりを
              自分の中に認めざるをえないなー。
              
e0303187_11233214.jpg


              お母さんを見失ってプチパニックのTちゃん、泣きながら
              テケテケ走りで反対方向へ駈けてくのをニヤリと笑いながら、
              距離をおいてゆっくり追う余裕のMやんのお母さんぶり。
              みんなあったかい気持ちで横目に捕らえながら外デッキでの
              ミーティング。
              10回目へ向けて、ちょっとしたお楽しみ検討中です。

e0303187_11452951.jpg


              
              
[PR]
by yasato8310 | 2015-05-16 11:46 | おでかけ | Comments(4)

桜の古木

               益子への納品の途中、某寺へ寄り道。
               道からも見えるのだけど、やっぱり車を停めて
               大きな翼の中に抱え込まれるようにこの大きな枝垂れ桜の
               樹の下に立ちたい。
               圧倒的な存在感!

               振り向くと、もう元気よく青空を泳ぐ鯉のぼり。
               あたりがエネルギーに満ちていてくらくらするような青空。

e0303187_12544957.jpg


               このあと午後には笠間へ向かい、
               O宅で今年のピクニックバザールのチラシ制作打ち合わせ。
               今回は10回目になるので、そこはかとなくちらつく
               さまざまな思惑、アイデア。
               今年の秋も楽しいピクニックバザールになりますように♪
[PR]
by yasato8310 | 2015-04-07 12:56 | おでかけ | Comments(0)