カテゴリ:おでかけ( 78 )

あの黄色いのは?

e0303187_22185506.jpg


                       ん? 一面の黄色い花。      
                       今頃 何の花だろう?
                       昨日、雨の中を搬入と納品で益子へ向かう車の中から
                       見えたこの風景。

                       よくよく目を凝らして見たら、花じゃなくて
                       大豆畑の葉が黄葉しているのだった。
                       こんなきれいな大豆畑見たことなかったなー。

e0303187_22340903.jpg


                       こっちは稲刈りの終わった田んぼで青々と伸びたひこばえとの
                       コントラスト。
                       晩秋のような寒さの雨日だったけど、こんな日も出かけて
                       みれば、うっとりする風景に出会うもんだなー。
[PR]
by yasato8310 | 2017-10-14 23:23 | おでかけ | Comments(0)

草のベッド

                   仕事の合間にちょっと「こんこんギャラリー」の「花屋と板金屋展」を
                   のぞきに行ってきた。
                   去年はギャラリーのデッキに芝草を敷きつめて、そこにカウンターを
                   しつらえてコーヒーをふるまっていた「結いのはな」さん。
                   今年は何と! デッキに草(芝生)のベットが置かれていた。
e0303187_22243453.jpg

                   枕元には楓の鉢が置かれて、ひゅるりと伸びた枝は天蓋のように
                   上の方で広がっている。
                   サイドランプもあって、まるでリゾートのコテージのデッキの
                   ようだねぇ。。。と居合わせたOさんやCさんと眺めたり寝転んだり。
e0303187_22400274.jpg

                   見上げる天蓋の楓、吹き抜ける風。。。。
                   すごいなー。
                   結いのはなさんの魔法の杖。
e0303187_22321069.jpg

                   今回は板金屋さんの西野さんとのコラボ展で、車の部品に
                   ステキに植え込まれた作品も。
                   これは昔のスバル360だそうです。
                   ちょっとおとぼけな顔コレ。
                   







[PR]
by yasato8310 | 2017-09-29 23:53 | おでかけ | Comments(0)

いわき市へ

e0303187_18180917.jpg


                 秋晴れの日曜日、いわき市のギャラリー創芸工房での
                 弟の個展、スズキヨシカズ「遠く近くに在るモノ」を見に。
                 植物が繁ったギャラリーの入り口は、二年前よりいっそうこんもりと
                 緑のトンネルになっていて、この奥にやわらかな光に包まれた
                 空間が広がっていることなど、ただ通り過ぎただけでは気づかないかも。
                 
e0303187_17534568.jpg

e0303187_17470987.jpg

e0303187_17421013.jpg

e0303187_17341179.jpg

e0303187_17583015.jpg


                 時を重ねた物語と光に充たされた場所だった。

[PR]
by yasato8310 | 2017-09-25 18:45 | おでかけ | Comments(2)

気配を消して、そこに立つ

e0303187_13281511.jpg


                   素敵なDMに誘われて、「台所展」に出かけてみた。
                   白壁に大きな鉢植えの蓮の花が、今年もきれい。。。と、
                   横の入り口から入ったとたん「うわっ!」とびっくり。
                   会場に足を踏み入れてまた「おっ!」とびっくり。
                   そしてゆったりと展示された作品を見ながら奥のコーナーに
                   進むと、そこにも!
                   「台所展」のDMの写真のかわいいお母さんが、等身大の
                   写真パネルになってあちこちに立っているのだ。
                   そこに本人が立っているなら、こんなに驚かないのに
                   写真だとビックリしちゃうのはなぜだろうね?
                   気配がしないのに、そこに人がいるというギャップに驚くのかな。
                   とってもチャーミングなお母さんなのにね。
  
e0303187_13245786.jpg

                   
[PR]
by yasato8310 | 2017-08-13 13:51 | おでかけ | Comments(0)

バスの墓場

e0303187_15432910.jpg


                  友人夫婦と蓮の花を見たあと、近くのレストランでランチをして、
                  さあ、家に向かおうか。。。という車の中で、3月にも我が家を   
                  訪れていたSちゃんが「前に駅からバスで来た時、すごく古い
                  バスがいっぱい置いてあったよね。」と言い出した。
                  柿岡車庫の広い敷地の端っこに、もう動かない錆だらけの古いバスが
                  たくさん並んでいるのだ。
                  「見に行ってみる?」と聞くと、ダンナさんのSくんも「見たい、
                  見たい!」と言うので、柿岡車庫へ。

e0303187_15483291.jpg

                  こんなボンネットバスや。。。
e0303187_15464407.jpg

                  こんなタンクローリーや。。。
e0303187_15444611.jpg

                  こんなエンブレムも。。。

                  バスの墓場、と言っちゃ失礼かな?
                  柿岡車庫のコレクション?

[PR]
by yasato8310 | 2017-08-07 12:06 | おでかけ | Comments(0)

森に分け入る

e0303187_09072421.jpg


                こんこんギャラリーで「木とこども展」が始まっているので、
                かわいいDMに誘われて日曜の午後でかけてみた。
                いつになく駐車場もいっぱい。 人もいっぱいでにぎわっているので、
                別の日に出直そうかなーと一瞬迷っているところに
                「下の森に行ってみて。」と声をかけられた。
                
e0303187_08571506.jpg


                おー!
                こんこんギャラリーに隣接した植林の森が伐り開かれて、明るい光が
                森へと招き入れている。
                斜面の木の高みからは、吊るされたブランコが空に向かって舞い上がって行く。
                足元は下り斜面なので、舞い上がると地面は見えない。
                ひゃー、高所恐怖症の私にはとても乗る勇気はない。

e0303187_08524169.jpg


                さらに下へと下ってゆくと広場があった。
                コンコンと木を叩く音や、太い蔓にぶらさがって遊ぶこどもたちが。。。
                迷い込んだ森の中でキノコのまわりに遊ぶ小人たちをみつけたような
                気分になった。

e0303187_08544462.jpg


                都会から林業をやりたくて八郷に住みついたH君が、
                「ボクが、きこりとして八郷とこどもたちにできることは何かな?」と
                企画した「木とこども展」なんですと、話してくれた。
                
                ギャラリーの中では木工作家の作品の展示やワークショップでも
                にぎわっていて、裏庭では春さんとOさんが腕を振るった「木の器で
                食べるランチ」が好評のうち売り切れ。
                食べられなくて残念だったなー。
                八郷の暮しはいいなーと、またしみじみ思う日曜の午後でした。
                
                
[PR]
by yasato8310 | 2017-06-19 09:54 | おでかけ | Comments(2)

空に浮かぶ山々

               兄の入院の知らせを受けて、ひさしぶりの会津へと車を走らせた。
               会津は盆地なので、ぐるりを取り囲んでいる山々が市内のどこからでも
               眺められる。
               この季節は、緑が濃くなってきた青い山々。
               そんな中で、きっぱりと他とは雰囲気が違うのは飯豊連峰。
               白い雪で覆われた連峰が、夏のような青空に遠く浮かぶ姿は
               神々しくて、心のどこかで思わず手を合わせてしまう。
               信州松本育ちのTちゃんが、「高い山の見えない暮しはもの足りない。」と
               益子に住んでいたころ言ってたけれど、確かに日々のどの断片にも
               神のような山々が見える暮しは特別だなぁ。。。と感じる。
               

[PR]
by yasato8310 | 2017-06-08 19:54 | おでかけ | Comments(4)

再び、益子の自然

e0303187_20173225.jpg


               下界は猛暑並みの暑さだった日曜日、益子の山のブナの観察会に
               参加。
               はじめてこの山でブナが確認されてから30年。
               今では20数本のブナが確認されているそうだ。
               
               親木の周囲10mほどの場所、みんなで這いつくばって実生の
               ブナの苗を捜した。
               「これはイヌブナだね。」
               「ブナ、あった!」とあちこちで声が上がる。
               「あ〜、マムシ!」という声も。。。
               どれもまだ数センチという高さだけれど、3〜5年はたっているそうだ。
               幼木のうちは、まわりの木々に光をさえぎられて成長が遅いけど、
               親木やまわりの雑木がある日朽ちて倒れると、日を浴び一気に成長
               するらしい。
               
               最後に見たブナは、今年すごくたくさんの実をつけたそうだけど、
               大風の時にみんな落ちてしまったとのこと。
               根元にはいっぱいの実が落ちていた。

e0303187_20205905.jpg


               自然の中で一本の木が大きくなるのはたいへんなことなのだなぁ。
               「そういえば。。。」と、Wさん。
               先日のアサギマダラの蛹は成虫になれなかったとのこと。
               90数パーセントの幼虫は成虫になれないで終わるというのに驚いた。
               運が良くて、生命力の強いものだけが残り、そういう遺伝子が残って
               いくのが自然界なんだなぁ。
[PR]
by yasato8310 | 2017-05-24 21:01 | おでかけ | Comments(2)

道に迷ったら

e0303187_20115110.jpg


                昨日宇都宮へ行った時、「目的地の近くです。案内を終了します。」と
                ナビに言われたけど、それらしい建物は見当たらない。
                通りを行ったり来たりしていたら、こんな店舗(?)が目にとまった。
                ん?「エポック社不動産」?
                お蕎麦屋さんみたいに見える店構えに、「外出中」の札が掛けてある。
                この時代がかった風情に「エポック」という言葉が不似合いなような、
                むしろピッタリなような。
                ここのガラス引き戸を開けて、三丁目の夕日風なアパートを紹介して欲しいような、
                欲しくないような。。。。
                
[PR]
by yasato8310 | 2017-04-06 20:28 | おでかけ | Comments(4)

藤森照信展

e0303187_13104568.jpg


                遠来の友Sちゃんが再び泊まりにやって来て、夜更けまであれやこれやと
                おしゃべりしてるうちに、「明日は藤森照信を見に行こうか。」ということに
                なった。
                ユニークな建築でファンも多いと思われる藤森氏の展覧会は、軽やかな
                視点やユーモアにあふれていて、やっぱりおもしろかった。
                草屋根や、二股のままの自然な形の木の柱などは、人がはじめて巣穴や
                洞窟から這い出て住まいを作ったときの住まいを想像させた。
                人工物だけど、自然と一体な住まい。
                巣穴に暮らしていたときは、外敵に見つからないように、自然の中に
                もぐりこんで暮らしていたはず。
                住まいがまわりの自然と離れて、地上で目立つように人工的なものになって
                いったのは、人間に外敵がいなくなって怖いものがなくなったと思い込んで
                いるからかもしれないな。
                自然物が取り込まれた建物にほっとするのは、カモフラージュされた巣穴の
                中にいれば守られていると感じる野生動物の本能なのかも。
                自然の雄大さやおおらかさも感じさせてくれる藤森氏の草屋根スタジアム
                が、オリンピックで採用されたらいいのになー。
                観客は競技を見おろしながら、斜面になった芝生にゴロゴロ寝転びながら
                声援を送る。。。というの、どうだろう?
e0303187_13122145.jpg

e0303187_13134439.jpg

                
[PR]
by yasato8310 | 2017-03-27 13:52 | おでかけ | Comments(4)