カテゴリ:仕事( 135 )

かさましこ


     きょうは明日からの『うつわからうつわへ』展の搬入日。 
     あさからかかって夕方にようやくじゅんびが整いました。
   
     かさましこメンバー12人の作品とともに、2009年からの
     再生土への取り組みの様子や、去年夏の金継ぎ講習の様子などが
     展示されています。

     壊れたうつわや、焼く段階で出た不良品を粉砕してもう一度
     粘土に混ぜて使おうというのが、かさましこの取り組みです。
     スペインのカタルーニア州にある陶芸学校セラミカイクシオ アルジェントナ
     でも似たような取り組みをしていて、この両方の様子が会場内の
     スライドショーで見ることができます。

     ギャラリーには毎日メンバーが交替で在廊してますので
     気軽に質問や声をかけてくださいね。
     ちなみにわたしは8日の11時頃からいる予定です。
e0303187_2114841.jpg

e0303187_21161239.jpg
e0303187_21174454.jpg

e0303187_21194553.jpg

e0303187_21212426.jpg
e0303187_21223511.jpg

笠間工芸の丘 クラフトギャラリー1   tel 0296-70-1313
[PR]
by yasato8310 | 2013-03-05 21:35 | 仕事 | Comments(0)

本焼き



     ここ数日。。。ひたすら釉掛け。
     今回はなんだか細かい作業が多くて(ロウ抜きとか)
     ちっとも仕事がはかどらない。
     途中で釉薬が足らなくなって作り足したり、
     ちょっと大きめの皿に釉掛けしようとしたら
     釉薬のバケツに入らない。
     あわててホームセンターにプラスチックのタライを
     買いに走る。
     仕事場の中は、いろいろなバケツ類やらで足の踏み場もない。
     差し棚が足らなくなってきて、床にも土練機の上にも、外にも
     釉掛けした器が。。。。。あ〜〜〜もう〜〜〜!
     というような、ちゃぶ台をひっくり返して叫びたいような
     状況でようやく窯詰め終わりました〜。ふー。
e0303187_20485129.jpg


     
[PR]
by yasato8310 | 2013-03-01 20:57 | 仕事 | Comments(0)

素焼き

  
  素焼き。
  午後、大きな地震あり!
e0303187_21284382.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2013-02-24 21:31 | 仕事 | Comments(2)

うつわからうつわへ

 
      かさましこ再生土の会の『うつわからうつわへ その2』展が
      3月6日(wed)から笠間工芸の丘のクラフトギャラリーで
      始まります。
e0303187_22535796.jpg

e0303187_22544346.jpg


      この『うつわからうつわへ』の一回目は二年前の震災で、
      会期中にもかかわらず中断せざるをえませんでした。
      今回工芸の丘のご好意でもういちど、かさましこ再生土の会の
      取り組みを展示させていただくことになりました。
      みなさん、ぜひおでかけくださいねー。

      
  会期 * 2013.3.6(wed)~17(sun) 10:00am~5:00pm 休館日3/11(月)

参加作家 * 近藤文 小堤晶子 桑原哲夫 しがみさこ 島崎小乙里
         ともしび博士 横山知加子 (かさま)
         石岡信之 えきのりこ 中村恵子 masa 吉澤奈保子 (ましこ)

  協力 * 茨城県工業技術センター窯業指導所
       LOVE BOWL   
       ほん陶
       グリーンライフ21プロジェクト
       セラミカイクシオ アルジェントナ陶芸学校(スペイン)

笠間工芸の丘 
 茨城県笠間市笠間 2388-1 tel 0296-70-1313 

*DMご希望の方にはお送りします。ご連絡下さい。*

      
[PR]
by yasato8310 | 2013-02-23 23:46 | 仕事 | Comments(0)

ポット作り


e0303187_2021382.jpg


いくつかのパーツを組み立てていくポット作りはおもしろい仕事だけれど、
好きか?と言われると『う〜む!』と、うなってしまう。
ボディーに茶漉しの穴を開け、口をつけ、取っ手をつけ、
ふたを作っている間に、乾いてしまわないように
ビニールで囲ったり発泡スチロールの箱に入れたりと。。。
とにかく手がかかる。
そして出来上がってからも、水切れが良いか?注ぎやすいか?と
機能性も問われちゃう。
まぁ、作ることはともかく。。。
ポットのかたちは魅力的。
古今東西、おもしろいポットやステキなポットいっぱいあるねー。

もうずーっと前のことだけど、南青山の器の店に井畑勝江さんの
ポットが置いてあるのが窓越しに見えた。
お店は休みで閉まってて中に入れなかったんだけど、そのポットが
あまりにもかっこよくて、窓にへばりついたままズーッと眺めて
いたなー。
井畑勝江さんのポットは野生動物みたいな魅力がある。
[PR]
by yasato8310 | 2013-02-09 20:58 | 仕事 | Comments(0)