2017年 05月 23日 ( 1 )

電車の中のこと

               昨日、東京へ行った時のこと。
               たまに行く都会でうんざりするのは、親しくもない他人とすごく至近距離に
               いることだなぁ。
               電車のホームからエスカレーターに乗る時なんか、「うわっ、近すぎっ!」と
               思っちゃうんだけど、都会生活社はこんなことあたりまえで「なに言ってる
               の?」と一喝されそう。
               そんなこと思いながら電車の座席で、やはり隣の人との距離の近さを
               感じていましたら。。。。
               突然隣の若い男の子が立ち上がって、前に立っているお葬式帰りらしい女性に
               「どうぞ。」と席を譲った。
               女性は「あ、いいんですか?」と、お花とふたつのバックを抱えて座席に
               腰掛けた。
               そして、花束を手提げの中に入れたり、もう一つのバックの中をガサガサ
               手でさぐったりと落ち着かない。
               と思ったら、バックから取り出したものを席を譲ってくれた男の子に
               差し出した。
               「どうぞ。」と差し出したものは、セロファン袋に入ったお菓子。
               男の子は「あ、いいです。」と断るも、女性は「山形のお菓子なの。どうぞ。」
               と、男の子の手に袋を握らせる。
               男の子、「あ、どーも。」と、握らされた手のかたちのまま袋を持っている。
               電車の中で菓子袋を手に持っている図って、あんまりないものだなぁ。
               たいてい手に持っているものはスマホかバックだ。
               しばらくその子は聴こうとしていたイヤフォンを片手に持ったまま、
               もう片手には菓子のセロファン袋を持ったまま電車に乗っていたが、
               降りる駅に着いたのだろう。
               「どうも。失礼します。」と、女性に軽く頭を下げて降りていった。
               都会の電車の人との近さ故、一部始終を見ていたわけだが、
               この二人のやりとりがとても微笑ましく、いいなあ。。。と
               ついニコニコしてしまった。
               

[PR]
by yasato8310 | 2017-05-23 21:46 | 日々 | Comments(6)