いわき市へ

e0303187_18180917.jpg


                 秋晴れの日曜日、いわき市のギャラリー創芸工房での
                 弟の個展、スズキヨシカズ「遠く近くに在るモノ」を見に。
                 植物が繁ったギャラリーの入り口は、二年前よりいっそうこんもりと
                 緑のトンネルになっていて、この奥にやわらかな光に包まれた
                 空間が広がっていることなど、ただ通り過ぎただけでは気づかないかも。
                 
e0303187_17534568.jpg

e0303187_17470987.jpg

e0303187_17421013.jpg

e0303187_17341179.jpg

e0303187_17583015.jpg


                 時を重ねた物語と光に充たされた場所だった。

[PR]
by yasato8310 | 2017-09-25 18:45 | おでかけ | Comments(2)
Commented by yoshikazusuzuky at 2017-09-26 13:41
遠くまで「おでかけ」ありがとう。
とても気持ちの良いお天気の日に
心地よい空間で
楽しい時間が過ごせました。
益子の陶器市に行ったり
ガラジのピクニックバザールに行ったりして
姉はじめ皆さんに会うたびに、
あんなステキな世界に住みたいなあ
と思うんだよね。 (^〜^)

いまね、
100号の梱包を終えて
東京からの集荷トラック待ちです。

展覧会見に来てくれて
ありがとー! (微笑)

追伸:
あれから例の(例のって何だよ!笑)
小さなショルダーバッグ(ポシェット)
を調べまくって見つけた(いろいろな色のがあったよ)
弟ですが「さすがに小さすぎる」という現実を直視し
手は出ませんでした。(わらわら)
Commented by yasato8310 at 2017-09-26 18:09
> yoshikazusuzukyさん
こちらこそありがとう。
正面の二枚の100号も力作だったけど、今回心魅かれたのは
鉛筆の淡い鉛色の絵でした。
宇宙でのハム、深海でのハムの気持ちが静かに伝わってくるのでした。
<< 山葡萄のステンドグラス ピクニックが終わって、日常。 >>