畑の時間

e0303187_20424116.jpg


                  家からちょっと離れたところに畑を借りてから4年くらい。
                  最初は荒れ地の耕作放棄地だったのを、刈った草を敷き込み
                  もみ殻燻炭を入れ、今はミミズがいっぱい住む土になった。
                  野菜はうまくできるのもあり、あんまりうまくゆかないものも
                  あるけれど、地面にしゃがみこんで日々の小さな変化や成長を
                  見守ることはおもしろいことだった。
                  
                  その畑が今後借りられないことになり、この夏が最期の収穫に
                  なってしまうのが残念。
                  このあとは、つくばの大規模農業会社が辺り一帯の農地を広大に
                  借り上げてミミズの住みにくい畑になるらしい。

                  さあて、秋からの野菜づくりはどうしよう?
                  家の近くで貸してくれるとこもあるけれど、イノシシの被害に
                  あうのが目に見えているしなー。
                  ぶつぶつ。。。。
                  
[PR]
by yasato8310 | 2017-06-25 21:23 | | Comments(2)
Commented by at 2017-06-26 19:47 x
残念、そんなことになるんだ!ミミズ絶対住めなくなるね。それにしても、何で鍵コメになっていたんだろう(笑)。笑っちゃいますね。
Commented by yasato8310 at 2017-06-26 21:11
> 春さん
鍵コメになってて、変だなーって思ってたんだけど、
何かのミスだったんですね。
畑のこと、なんだかほんとにガッカリです。
仕事の他に畑仕事というのはオーバーワーク気味ではあったんですけど、
いい気分転換というか、ささやかな楽しみだったんですけどね。
私もガッカリなんだけど、あの気持ちの良い土をベッドにヌクヌクと暮らしていた
ミミズやモグラや地ネズミたちはどこへ行くんだろう。
<< はじめましての虫 ちょっと悲しい顔コレ >>