電車の中のこと

               昨日、東京へ行った時のこと。
               たまに行く都会でうんざりするのは、親しくもない他人とすごく至近距離に
               いることだなぁ。
               電車のホームからエスカレーターに乗る時なんか、「うわっ、近すぎっ!」と
               思っちゃうんだけど、都会生活社はこんなことあたりまえで「なに言ってる
               の?」と一喝されそう。
               そんなこと思いながら電車の座席で、やはり隣の人との距離の近さを
               感じていましたら。。。。
               突然隣の若い男の子が立ち上がって、前に立っているお葬式帰りらしい女性に
               「どうぞ。」と席を譲った。
               女性は「あ、いいんですか?」と、お花とふたつのバックを抱えて座席に
               腰掛けた。
               そして、花束を手提げの中に入れたり、もう一つのバックの中をガサガサ
               手でさぐったりと落ち着かない。
               と思ったら、バックから取り出したものを席を譲ってくれた男の子に
               差し出した。
               「どうぞ。」と差し出したものは、セロファン袋に入ったお菓子。
               男の子は「あ、いいです。」と断るも、女性は「山形のお菓子なの。どうぞ。」
               と、男の子の手に袋を握らせる。
               男の子、「あ、どーも。」と、握らされた手のかたちのまま袋を持っている。
               電車の中で菓子袋を手に持っている図って、あんまりないものだなぁ。
               たいてい手に持っているものはスマホかバックだ。
               しばらくその子は聴こうとしていたイヤフォンを片手に持ったまま、
               もう片手には菓子のセロファン袋を持ったまま電車に乗っていたが、
               降りる駅に着いたのだろう。
               「どうも。失礼します。」と、女性に軽く頭を下げて降りていった。
               都会の電車の人との近さ故、一部始終を見ていたわけだが、
               この二人のやりとりがとても微笑ましく、いいなあ。。。と
               ついニコニコしてしまった。
               

[PR]
by yasato8310 | 2017-05-23 21:46 | 日々 | Comments(6)
Commented by yoshikazusuzuky at 2017-05-24 01:16
何だか都会の電車の中での出来事じゃないみたいだね。
文章を読んでいて頭に思い浮かぶのはローカルな2両編成の電車で窓から見えるのは田んぼと山の風景だ。
でもこんな光景(短い短い物語)に出逢うと、
都会の人ごみも捨てたもんじゃないなって思うね。

若い男の子は山形のお菓子を
そのあと誰と食べたんだろう? 

(^〜^)
Commented by yasato8310 at 2017-05-24 11:39
> yoshikazusuzukyさん
中央快速東京行きの車内のことでした。
夕方近くだったので車内はそこそこに混んでおり、人々はまるでパーテーションでも
立てて周りの人と隔離された空間を作るかのようにスマホに目を落としていましたが、
親戚の葬式で上京した山形の女性と、この春地方から大学に入学した若者(私の設定)が
小さな窓をそっと開けて優しい会話をしてるようだったなー。
Commented by at 2017-05-25 19:00 x
いいなぁ、kuskusさんはどんな顔をして一部始終を見ていたんだろう?人がいっぱいいると疲れるけれど、疲れが一気に吹っ飛びましたね(^^♪
Commented by yasato8310 at 2017-05-25 21:27
> 春さん
すぐ隣と、その前の人のやりとりなので、ガン見するわけにもいかず、
なんとなく自分の視線に入ってくる二人の手の動きと声で一部始終を把握
しました(笑)。耳はダンボになっていましたね。

Commented by しのPU3 at 2017-05-27 18:26 x
なんかいいなぁ〜
寝たふりしてる人多いけど、こういう子に席譲られたら私も何かあげたくなぬなぁ〜
Commented by yasato8310 at 2017-05-27 22:01
> しのPU3さん
フフッ♪ しのPU3さんだったら、うれしくて牛丼屋とかに
手をひっぱって連れて行きそうですねー(笑)。
<< 再び、益子の自然 ポルトガルの陶人形 >>