十六夜と立待月の日に その後

e0303187_19591441.jpg


e0303187_20005306.jpg


              昨日の午後、te to ki のお二人が、「十六夜と
              立待月の日に」の残りの品物といっしょに
              小さなリーフレットを届けてくださった。
              te to ki の会場の参加者の紹介のリーフレット
              なのだけれど、ふたつの質問があって
               1。好きな場所は?
               2。月といえば?
              これにそれぞれの参加者が答えているのだけれど、
              なかなか興味深い。
              どの答えにも、うんうん!とうなずいてしまうのは
              同じものつくりの生活をしているからか、
              te to ki のお二人の人選に共通性があるせいなのか。
              この質問へのふたつの答えから、人物像がグーンと
              ふくらんでくるのがこのリーフレットの楽しい
              ところ。
              
              te to ki の H さんは山羊舎という名前でおいしい
              焼き菓子を作ってるひと。
              昨日は「ワインにも合いますよ。』と、オレンジ
              風味の生チョコをいただいた。

e0303187_19574413.jpg


              うーむ。
              これはワインよりはウィスキーかも。

              Tさんのほうは、うちのハルとの縁をとりもって
              くださった獣医さん。
              いつも『ハルはおりこう!』と言ってくださるので
              親バカの心はついクニャクニャ♪しちゃうのだ。

e0303187_20021092.jpg

              

              

               
[PR]
by yasato8310 | 2016-10-26 20:54 | 仕事 | Comments(2)
Commented by 寺田智美 at 2016-11-21 00:35 x
今年は、お会いできず残念でした。
私は、1日目に参加をしました
( ´ ▽ ` )ノ
工房に遊びに行かせてください
( ´ ▽ ` )ノ
Commented by yasato8310 at 2016-11-21 10:16
> 智美さん
去年は楽しかったですねー。
あんまりペチャクチャと三人で楽しそうだったので
前からの知り合いかと思ったーって。家主のTさんは
そう思ってたみたいですよ。
あのあとの旅の話なども是非聞きたいです。
遊びにきてくださいな。
<< 2016 益子秋の陶器市 天高く >>