竜の鼻息

e0303187_928320.jpg


            冬の冷え込んだ朝にはいつも真っ白な霧で覆われる八郷の盆地。
            うちは平地よりは少し高いところに住んでいるので、
            この霧を眼下に見下ろせる。
            犬との散歩に坂道を降りていくと、雲海のような景色に
            いつも心奪われてしまう。    
            朝日が高くなるにつれ屋敷林や家々のシルエットが墨絵のように
            現われてくるのはさらに美しくて、この地に暮らしてよかったなーと
            思う時間だ。

            ところが。。。。だ。
            この冬はこの盆地霧が全然見られない。(涙)
            暖冬のせいなのでしょうか?
            
            咋朝は家の窓からうっすらと白いものが見えたので、
            期待しながら散歩に出かけたら、
            盆地の真ん中部分にだけ竜の鼻息のような霧が。。。。
            う、う、う、残念。
            きりりと冷え込んだ朝が恋しいぞー。
            でもあったかい朝は楽チンだなぁー。
[PR]
by yasato8310 | 2016-01-09 09:53 | 日々 | Comments(2)
Commented by at 2016-01-09 16:45 x
わぁ、きれい(*_*)
八郷はいいですよね。そんなに頻繁ではないけれど、一日に二回くらいは八郷に暮らしてよかったなぁと思います(^^♪
三回くらいかな?
Commented by yasato8310 at 2016-01-09 22:50
春さん
あはは。一日に2〜3回ですか。
けっこう頻繁じゃないですか(笑)。
私はこの時期に本当に贅沢な思いをしてるので、
友達たちに朝の7時頃遊びに来て!と言ってるんだけど、
さすがにその時間には誰も来ませんね。
でもこの冬には全然そのみごとな盆地霧が
見られなくて心底がっかりなんです。
<< ガラジミーティング 2016年の初詣 >>