もちつきの朝はキーンと冷え込んで

e0303187_2131630.jpg


            日曜は I 家での恒例の餅つき。
            9時頃には、もう外のかまどでお湯が湯気をあげていた。
            でも冷え込みが厳しく、畑の水菜もニンジンの葉っぱも
            ショリショリに凍ってる。
            外の水道も凍ってる。
            
            陽が当たってきたころには二臼4人のつき手で
            威勢良くぺったんぺったんと餅がつきあがっていく。
            あんなに凍っていた水菜もニンジンの葉っぱも、
            何事もなかったように青々と元気なようすになってるのが
            不思議だなー。

e0303187_2148843.jpg


            顔ぶれも、その年によって多少の変化はあるけれど、
            こうして十数年変わらず餅つきに集まれるのは
            I 家族のおかげだなー。
            
e0303187_2154469.jpg


            いつもどおり青竹の半割に詰めた餅。

e0303187_21561193.jpg


            毎年、春さんちのあん入りの丸餅がおいしそうで
            今年はうちでもやってみた!
            ストーブでこんがり焼き色をつけて食べるのが楽しみ!
            
[PR]
by yasato8310 | 2015-12-21 22:03 | 日々 | Comments(2)
Commented by at 2015-12-22 16:36 x
ハルがうらやましそうにしていますね(^^♪
餡入り餅、もういただいちゃいました。ごちそうさまでした。ほっぺたが落ちました。働いている様子がよく出ていい写真、私は遠慮しすぎちゃった(笑)。
Commented by yasato8310 at 2015-12-22 19:29
春さん
私もほっぺた落ちちゃいましたー。
あー、どうして今まで作らなかったんだろう?
ハルにも甘くないお餅をすこしお裾分けしてやりました。
こんな顔して見られちゃあねー。
<< 12月の畑 星に導かれて >>