白いハンググライダー

e0303187_21365443.jpg


              朝の散歩に出かけようとしたら、
              朝露を身にまとった白いちいさなハンググライダーが。

              ふと思いついて
              「イモムシハンドブック」をめくってみたら、
              あった、あった。
              ウスキツバメエダシャク。

              すそ模様の点々のえんじ色がツバメの胸元の色を
              思わせるのだろうか?
             
[PR]
by yasato8310 | 2015-11-16 21:48 | 日々 | Comments(4)
Commented by at 2015-11-17 19:02 x
蛾は大っきらいだけど、きれい。↓の紅葉もきれい。八郷の紅葉はきれいな年もあるけれど、会津にはかないませんね。
「故郷は遠きにありて思うもの」、だったかな?
Commented by yasato8310 at 2015-11-17 21:58
春さん
蛾は私も苦手なんだけど、時々はっとするほど美しいのがいて
見とれてしまいます。

親戚が亡くなってお線香をあげにいったり、義姉が手術をして退院してきたので
ご飯作りをしに行ったり。。。と、ともだちに会うこともなく街をぶらつくこともなく
帰って来ました。
まあ、行き帰りの紅葉だけがほっとする風景でしたね。
カラマツ林の黄葉もきれいだったー♪
Commented by oz.ako at 2015-11-18 08:56 x
「いもむしはんどぶっく」文字を売っただけで涙が出るほど怖い!でもそんな本もあるんですね、ビックリ(=゚ω゚)ノ
福島私も帰ってないな、クスクス日和読んでたら帰りたくなりました
Commented by yasato8310 at 2015-11-18 13:19
oz.akoちゃん
春の陶器市でとなりのブースだったYちゃんが、この「イモムシハンドブック」を
見せてくれて、あまりのかわいさにAmazonで検索。
No.1~No.3まで発刊されてて、きっと後から出たほうがより楽しいかも。。。と
No.3を購入したんだけど間違いだった。(涙)
「えっ!?イモムシって、こんなかわいいポーズをとるの?」とか
「わぁ〜。こんなおもしろいかたちのイモムシがいるんだぁ!」という驚きのNo.1を
買うべきだったー。
まぁ、oz.akoちゃんにとっては、こうしてイモムシという字が並ぶだけでも
卒倒しそうだと思うけど、買うならNo.1だよ(笑)。
<< 今月のおしらせ X'm... 冬の扉 >>