蓮の花びら

e0303187_18385536.jpg


              大賀蓮は2000〜3000年前の泥炭層から
              木の小舟と一緒に掘り出された種だそう。

              そのころの人たちも、この花びらを愛でながら
              朝露などを集めて飲んだりしたのだろうか。
              
[PR]
by yasato8310 | 2015-08-01 18:46 | 植物 | Comments(2)
Commented by yoshikazusuzuky at 2015-08-02 08:18
朝露にはアサツユノカタチ。
夜露にはヨツユノカタチ。
湧き出す水をすくい取るにはワキダスミズノカタチ。

それらはどれも両掌を合わせた形(リョウテノヒラヲアワセタカタチ)。


素敵な形だなあ‥(微笑)
Commented by yasato8310 at 2015-08-02 10:31
yoshikazusuzukyさん
気がつくと素敵なうつわが自然界にはあり、そして自分の
手もりっぱなうつわだったのね。
ここでは以前、夏の朝の一日だけ
「観蓮会」というのを行っていて、蓮の葉でお酒を飲ませて
くれました。
葉っぱの真ん中に穴を開けてくれて、そこにお酒を注ぐと
空洞の茎のなかを通って口にお酒が入ってくるの。
早朝から蓮の花を観ながら酒!
なんだか昔の中国の詩人になったようだよ。
今やってないのが残念。
<< 脱衣所 蓮の花 >>