心に残ることば

e0303187_8364336.jpg


               水戸の近代美術館で開催中の ベン シャーン展関連企画での
               横尾忠則氏のことば。

               「今日の自分を壊して明日の自分になり続けること。
               僕はそれが芸術だと思う。」

               家に帰って来て、台所脇の壁に貼ってある小さな紙片に
               目がとまった。
               「後生大事にしてきたものを手放してゆかないと得られない
                                        横尾忠則」
               ということばが。。。。
               あれっ?前にも同じようなことばに心魅かれていたんだなー。
               
[PR]
by yasato8310 | 2015-06-18 08:51 | おでかけ | Comments(2)
Commented by at 2015-06-20 12:26 x
あれっ。彼は寝仏(寝カエルとか寝猫とか)いっぱい集めていたけれど、手放したのかしら?なんて、意地悪な質問しちゃだめですよね(笑)。確かに彼は脱皮し続けていて、おもしろいけれど、寝仏とか、三角形の交差点とか、妙なものにもこだわっているところが好きです♪
Commented by yasato8310 at 2015-06-20 18:10
春さん
あはは、寝カエルとか寝猫ですか?
そういうものが好きと知ると、ますます人間的な興味が
わくなー(笑)。
<< イワタバコ 変わること、変わらないこと >>