今年も、いきものがかり

             春休みのこの時期、近くの I 家は例年どうり旅行中です。
             で、今年も大所帯動物家族のいきものがかりに毎朝通っています。
             まず階段をとんとんとあがっていくと、『なぁ〜〜〜〜♪』と
             猫なで声で足取り軽やかに駆け寄って来るミイ。
             このかわいい声に、ついちょっと多めのカリカリを入れてしまう。
             愛想は大事。

e0303187_15243542.jpg


             次は敷地の奥の山羊小屋へ。
             『メエメエちゃんたち、ごはんだよー』と柵の中に入っていくと
             『ん〜、ごはんなの?』とやってきていきなりボロボロとウンチ。
             でもって、もう一匹もやってきてジャア〜っとおしっこ。
             『。。。。。。』
             こういう朝のあいさつはどういうもんでしょうか。
             古株の山羊が新入りの山羊のエサを横取りしようとして頭突きを
             することがあるのでエサは離して。。。と言われていたけど、
             この日はエサを食べてる新入りの耳元に古株山羊がずーっと
             口を当てている。
             なんだ、案外仲良しじゃない。

e0303187_15364644.jpg


             そう思って見ていると『オオッ!』
             古株山羊、突然の頭突き。
             じぶんのエサはちゃんとあるのに、横取りししちゃいました。
             うーん、わかりにくい山羊の行動。

             そして次に向かうはニワトリ老人小屋とニワトリ若者小屋。
             まずは老人小屋。問題無し。

e0303187_15594075.jpg


             若者小屋に向かいながらちょっと緊張する。
             ここのオンドリ、実はすごくこわい(汗)。
             去年も毎日横っ飛びの蹴りが飛んだ。
             『棒を持って入れば向かってこない』と、今年はアドバイスを
             もらっていて、なるほど昨日まではおとなしくしていたが。。。。
             ドワ〜ッツ!と、今日は猛烈な水平跳びをくらいました。
             はぁ〜〜〜〜。
             横っ跳びのあげく、吊り下げられてるエサ箱の上にどさっと
             落ちたもんだから、エサ箱を吊るしてたヒモは切れエサは
             ばらまかれ。。。。
             まあ、大事なメンドリたちの卵を毎朝盗っていく人間たちには
             このくらいの怒りの鉄拳じゃすまないぞ!というオンドリ君
             の気持ちなんでしょうねぇ。やれやれ。
             早く帰って来てほしいなー、 I 家のみんな〜。

e0303187_1558917.jpg



             
             
[PR]
by yasato8310 | 2015-03-30 16:03 | 日々 | Comments(2)
Commented by at 2015-04-01 16:12 x
ひゃー、いきもの掛りか。山羊は群れる動物なので複数飼った方がおとなしいと聞いているのだけれど、いろいろな思いがあるのですね。どちらが上かを見せつけているのかしら。だったら、100頭も飼っている場合はどうなるんだろう?鶏さんたち、狸にやられる心配がないのですか?山羊の目もいいけれど、猫の目にはかないませんよね♪かわいい!
Iさんち、今年が家族旅行の最後かなぁ。息子ちゃんが遠くに行ってしまうし。あれ、行くって決まったのかな?
Commented by yasato8310 at 2015-04-01 18:39
春さん
古株山羊の乳の出が悪くなったので新入りを入れたと
I さんが言ってたので、古株としては意地もあるのかなぁ?
大勢の群れならいいけど、2匹だと対立もあるかもですねー。
I 家のニワトリ小屋を見るたびに、イタチにやられないか
なーと思いますよ。隙間だらけですからね。
でもそういうとこアバウトですね。(笑)
家族旅行、最後になるのかなー?
来年も、再来年もオンドリの横っ飛びを喰らいそうな気が
するなー(笑)。
<< なるほど、ジジババ。 『何を入れよう、春のうつわ展』... >>