何のジャム?

e0303187_19194235.jpg


             ハヤトウリ、いろいろな料理に使ってみたけど
             まだまだいっぱいある。
             そして、煮た食感が何かに似てる。
             頭の中にちょっとひらめくものが。。。。

             皮をむいて、いちょう切り。
             少しの水を入れて火にかける。
             柔らかくなったとこで砂糖とスダチの果汁を入れて
             ブレンダーをブィーンとかけて、
             コトコト煮込む。
             ふっふっふ♪
             思ったとおりの味になりました。
             ジャーン! 
             なんと、リンゴジャムになりました。
             
e0303187_19294520.jpg

[PR]
by yasato8310 | 2014-11-22 19:34 | 日々 | Comments(4)
Commented by at 2014-11-23 20:52 x
ええぇ!!!すごいじゃん。
30年近く前に、伊予に福岡正信という自然農業の神様みたいな人がいて、そこの山で生まれて初めてハヤトウリを食べました。福岡さんは確かに偉いんだけど、勘違いもしやすくて、「一本の茎に200個も実が生るハヤトウリを広めたら世界から飢餓がなくなるのに、どうして広めないんだ」と言われて困ったことがありました(笑)。だって、あんなもの食べてもお腹が膨らまないよ。漬けものにしても煮物にしても一週間に一つも食べれば十分だし。だからジャムにするって画期的じゃないですか。福岡さんのように1本に200個は生らないけど、いっぱい生るし。
にんじんジャムをつくっている人がいるけれど、もっと簡単そう。ぶどうジャムなんて、かったるくってつくっていられないですね(爆)。
Commented by yasato8310 at 2014-11-23 21:17
春さん
そうなのー。
今日隣のひとに、これ何のジャムだと思う?って
1壜あげたら、迷わず『リンゴジャム』って答えました。
内心ガッツポーズ。
でもほんとにハヤトウリって、手間もかからずたくさん
出来て、食糧改革できるかもです。
Commented by at 2014-11-25 12:23 x
フィリピンではサヨテ(ハヤトウリのこと)がたくさん栽培されています。料理法もいろいろ。でもお腹をいっぱいにするのは無理じゃないかな?カモテ(サツマイモのこと)やトウモロコシだったらいっぱいになるけどね。
その点、穀類や根菜って偉いですね。あっ、思い出した。小さい頃スイカが好きで、4分の1(まさか半分じゃなかった?)食べさせろと言って食べて、苦しくて、転げ回ったことがあります。ハヤトウリでもお腹いっぱいになるかも(笑)。
Commented by yasato8310 at 2014-11-25 15:53
春さん
ははは。
子供の頃って、よくそういうことありました。
ハヤトウリも水分ばっかりだから、お腹にはたまらない。
でも、砂漠を緑地化するのに日本の研究者が
葛を植えている記事を見たことがあるけど、
ハヤトウリなら葉も繁り、実も食べられるんだから
葛よりいいかもです。
それより、ハヤトウリのなんとなく粘っこい液が
いつまでも手に膜のようになって残るの、
なにかに利用できそうな気がしませんか?
ケガしたときの人工皮膚とか。
顔のシワ伸ばしとか。
手を洗っても洗ってもなかなか取れないあのガンコさは
何かに使えそうだなーと思う日々。
<< 顔コレクション すくすく水仙 >>