栗の気持ち

e0303187_18355836.jpg


             家の前にある山栗が、いつになく大豊作。
             木は大きいんだけど、陽当たりが良くないので
             いつもの年ならまとめて食べるほどは生らない。。。のに
             なんと今年は下に停めてる車の屋根が悲鳴をあげるほど
             実を落としてる。
             どうして今年はこんなにたくさん?
             まぁ、ひとつばかり心当たりがないことはない。
             この栗の木、ずいぶん大きくなって、枝も張って、
             だけど実は生らないので、この夏に友達が来た時に         
             この木を伐る相談をしたのだ。
             それで、『この冬に伐ってやるよ』と友達が言った言葉を
             栗の木は聞いていたに違いない。絶対。
             それでこんなに貢ぎ物のように実を落としてるんだと思う。
          
[PR]
by yasato8310 | 2014-09-29 18:55 | 日々 | Comments(6)
Commented by at 2014-09-30 20:19 x
あっはっは。そんなこと、あるある。我が家の家の裏の桐も昨秋は見たことがないほど花を咲かせていました。あえなく、冬に切られてしまったけれど。
Commented by yasato8310 at 2014-09-30 22:18
春さん
『いくら貢ぎ物をもらったって伐るもんねー』とか言ったら、
頭めがけてイガがビュンビュン飛んできそうです。
春さんのとこの桐の木には仕返しされませんでしたかー?
Commented by at 2014-10-01 16:31 x
それは、ひろいちさんの問題でしょう。私は、「切らなくてもいい」と言ったし(笑)。仕返しされているかどうか、ひろいちさんの畑には、小さな桐の木が生えまくっています。
Commented by yasato8310 at 2014-10-01 21:12
春さん
やっぱり桐の木、『なにくそ〜ぉ!』って思ってるんだー(汗)。
しゃべらないけど、植物にも(特に大きな木には)意志を感じますよね。
うちの栗の木、ちょっと時間かけて説得しなきゃ。。。
Commented by yoshikazusuzuky at 2014-10-01 23:43
すごいなあしょくぶつ!!
Commented by yasato8310 at 2014-10-02 08:15
yoshikazusuzukyさん
うん、うん、ぼんやりしてられないぞ、人間。
田舎に住んでると、植物の力、虫たちの力に目を見張る毎日よー。
<< 海でゾウに会う 実りの秋 >>