梅雨空ドライブ

e0303187_21101561.jpg


              一年ぶりの不思議舎さん。
              小さくて、ほどよくゴチャゴチャした庭を
              ラズベリーの赤い実をつまみながら抜けてドアを開けると、
              中からは楽しそうな笑い声が響いてきました。
              こばやしゆふさんの『手のひら展』が開催中です。
              広くはない空間なので、あまり大きくない器や大地から
              生まれてきたような女のひとの像(ちいさなちいさな)。
              それに銅版画が並んでいました。
              二つのてのひらを合わせて最初の器にした人たちのような
              いさぎよいものつくりにいつも脱帽です。
              
              不思議舎さんのお店の中も、いつも小さな愛らしいものたちが
              並んでいて、変わらぬ店主Yさんの選ぶ目と人柄が感じられます。
              遠くてしょっちゅうは行けないけれど、
              近くの温々と合わせておとずれるのが楽しみなお店です。
[PR]
by yasato8310 | 2014-07-10 22:12 | おでかけ | Comments(2)
Commented by at 2014-07-11 18:35 x
あらぁ、不思議舎さんはお知り合いだったんだ。行ったことあったんだ!とっても遠くて、私はもう行かないかなと思ってしまいました(笑)。温々だって遠くて行けません。フットワークが重いなぁ。
お店は素敵でしたね。作品たちも。
Commented by yasato8310 at 2014-07-11 21:27
春さん
わたしもフットワーク軽くは行けませんよー。(笑)
途中の道が田園風景で楽しめたら、もう少し近く感じるのかも
しれないけど。なんだか味気ない灰色の風景の連続ですね。
でも温々のガラス越しに見える庭の木々は素敵ですよ。
不思議舎さんからは10分くらいのとこです。
<< 小屋の楽しさ 有賀森のクラフトサーカス >>