森が。。。

            うっわ〜!

e0303187_2202622.jpg


            ついこのあいだまで、家のまわりをうめつくしていた
            かわいいドングリたちがいっせいに葉を広げて
            苗木になっています。
            しかもその量たるや。。。。ハンパじゃない。
            たしかに去年の秋のドングリの量は近年まれにみるもの
            だったけれど、そのうちで芽を出して苗になるのは        
            ごく一部でしょうと思っていたのは甘かった。
            ドングリたちが『ぼくたち、森になろう!』と一斉蜂起
            してるみたいです。
            来週から11日間、陶器市で毎日家を留守にしてる間に
            我が家はドングリたち(いや、もとドングリたち)に
            乗っ取られていそうです(汗)。

e0303187_2215261.jpg


            コナラの苗、どなたかいりませんか〜?

            
[PR]
by yasato8310 | 2014-04-19 22:16 | 植物 | Comments(2)
Commented by at 2014-04-20 07:56 x
ちびでも直根で、なかなか移植が難しいですね。昔、何度も移植しましたが、活着率は低かったような。もっとも、せっかく植え替えても草に埋もれて刈り払い機でちゃあーっと刈っちゃったのも多かったんだけどね(笑)。うまく育てば5年で5メートルくらいになります。楽しみ、楽しみ。アスファルトの道の端っこでもいっせいに芽と根を出しています。先がないのにね。
Commented by yasato8310 at 2014-04-20 13:39
春さん
地上部はまだひ弱なのに、根はすでに大地の一部と
なりつつあるのが驚きですね。
なんだか縄文人のたくましさをドングリの中に
見ているような。。。。
縄文人に会ったことがあるわけじゃないけれど(笑)。
移植はむずかしいんですか。
いえいえ、移植したいわけじゃないです。
すでに家のまわりには手に負えない樹々がいっぱいですから。
春さんとこの虫もそうだけど、いくつかの条件が
満たされると自然界はすごいパワーで『大発生』するので
田舎暮らしは驚きの連続ですねー。
<< 益子春の陶器市 2014 種蒔き展、終了しました。 >>