めぐる季節

e0303187_7593611.jpg


           今年もクロッカスの花が咲きました。
           植え替えもせずほったらかしなのに、同じ場所に
           毎年咲いて春を告げてくれます。
           あの春の日にもきっと元気に咲いていたはず。
           すべての自然界のものたちは、それぞれの中に
           宇宙があるように満たされた法則と調和で生きている
           ようなのに、人間だけがどうしてこんなに調和を無視
           して何かに突き進んでいるんでしょう?
           
           三年前の大きな震災と、それにつづく原発の収拾のつかない
           事故に心も息も詰まるような日々でしたが、
           こどもたちという生き物が大きな心の不安を乗り越える術を
           見せてくれました。
           こどもたちは絵を描き続けて描き続けて不安を身体の外に
           出す方法を動物的に知っていたようです。
           震災直後の絵は『水』とか『十字架』のようなものとか。。。
           いま恐怖を感じているものを、どんどん吐き出すような作業に
           見えました。
           どんぐりが芽を出す時に真っ赤な色になってエネルギーを
           一心に新芽へ注ぎこんでいる姿とこどもたちのエネルギーが
           重なって見えました。
           そのこどもたちの絵は福島県の白河市にある『絵画教室リベラ』
           描かれたものでした。
           そしてそれらの絵は次々にブログにアップし続けられていたのでした。
           震災の次の日から扉を開け続けて、こどもたちを毎日待ち続けていたのは
           ヨシ先生です。
           

           その『絵画教室リベラ』のこどもたちの絵が今、東京芸術劇場で
           展示されています。
           パソコン不調でアップが遅くなっちゃいましたが、
           日曜日まで開催されていますので、週末にお出かけくださると
           うれしいです。

        ****復興の祈り展****
           東京芸術劇場
           3月11日〜16日(日)
           10時〜6時(最終日 3時まで)
           入場無料
[PR]
by yasato8310 | 2014-03-14 08:52 | 日々 | Comments(2)
Commented by yoshikazusuzuky at 2014-03-17 03:25
展覧会のご紹介、ありがとうございました!

『復興の祈り展』

無事に幕引きとなりました。

子どもたちの絵が、春を連れて来てくれそうな気がします。


ありがとうございました。



(⌒~⌒)
Commented by yasato8310 at 2014-03-17 20:29
yoshikazusuzukyさん
たくさんのひとたちが見てくれたことでしょうね。
こどもたちが大きくなっても、いつも思い出すなつかしい場所に
なるんだろうな〜、『リベラ』は。
春の足音が大きくなってきたね。
きょう、黄色いちょうちょが飛んでいたよ。
<< 顔コレクション やっと息を。。。 >>