影絵劇場再び

e0303187_1537711.jpg


           あるところに、飛ぶのが上手なニワトリがいました。

e0303187_15411917.jpg


           その日はいつもよりグンと羽に力が入り、
           気がつくとヤシの木が一本生えた小さな惑星に降り立っていました。

e0303187_15455444.jpg


           あたりには誰もいる気配はありません。
           『おいら淋しいなー。』

e0303187_1554432.jpg


           そんなヤシの木惑星に降り立ったもう一匹がおりました。
           跳躍自慢のオオカミです。
           『ずいぶん遠くまで来ちまったなー。
           腹がぺこぺこだい。
           おまけに話し相手もいなくって淋しいぜぃ。』

e0303187_162230.jpg


           そんな二匹がばったり顔を合わせたのがヤシの木の下でした。
           『うまそうなヤツ見っけ!』
           オオカミは跳びかかろうとしました。
      
           ニワトリはおおあわて。
           『待って、待って。
           おいらを食べちゃったら、キミはひとりぼっちで         
           話し相手もいなくなっちゃうよ。』

           『それもそうだな。ヤシの木惑星でひちりぽっちは
           イヤだな。』と、オオカミ。

e0303187_1824140.jpg



           二匹はヤシの実を食べながら、なかよく暮らしましたとさ。
           めでたしめでたし。
[PR]
by yasato8310 | 2014-01-27 16:16 | 日々 | Comments(2)
Commented by のんびりがーでなー at 2014-01-27 20:47 x
いいなあ。こういう雰囲気、好きです。
Commented by yasato8310 at 2014-01-28 09:02
のんびりがーでなーさん
冬の日差しがつくる影はやさしくて、それだけで
絵のようですね。
きのうは窯焚き中だったのに、ついつい写真撮りに夢中に
なっちゃいましたー。
<< 顔コレクション 壁の影絵 >>