ひとりのちから


e0303187_19542034.jpg


          土曜日に、ジャーナリストの伊藤千尋さんの講演会を
         聞きました。
         福島のこどもたちのことから世界各国での自然エネルギーの
         取り組みのこと、20数カ所の領土問題を話し合いで解決してきた
         中国とロシアのことなど多岐な話題でした。
         そのなかでも心に残ったのは、自然エネルギーの町を実現させた
         高知のちいさな町、公害の代名詞のようだった町に美しい海を
         取り戻した水俣、こどもたちの安全のために原発から風船を飛ばして
         データー集めをして反対運動を繰り広げた岐阜県の母親たち、
         9.11直後のアメリカで『大統領のみの権限で戦争を開始できる』という
         法案を上下院議員の中ただ一人反対して阻止した黒人の女性議員、
         みんなたったひとりの人間から始められた行動だったこと。
         そして、『世界はひとりの人間からしか変えられませんよ』という
         伊藤千尋さんの最後の言葉でした。

         
[PR]
by yasato8310 | 2013-06-16 21:01 | おでかけ | Comments(0)
<< 梅雨空の下 誕生! >>