mugi +1のワークショップ

       昨日、あいにくの雨模様だったけれど、楽しみにしていた mugi +1の
       革のワークショップにでかけました。
       会場のモカハウスはグループ展などでいつもお世話になっている雑貨屋さん。
       この日は『朝9時15分からラジオ(茨城放送)に出るのよー』と、店長の
       Wさんに聞いてたので、カーラジオで放送を聞きながら水戸へ向かいました。
       『5分だけなの』というわりにはWさん、盛り沢山に話してました(笑)。

       さてさて、ワークショップ。  
       まずは革の色選びからもうワクワクです。
       今回作るミニポーチの革の裁断やワンポイント刺繍、ファスナーのビーズなど
       難易度の高いとこは mugi +1さんがすでにやってくださっています。
       革の色、刺繍、ファスナーの色、革質がみんな違って、迷う迷う。
       前にバックを作った時には迷わず、赤と緑のコンビネーションを選んだんだけど、
       他の参加者の方が選んだ渋いグレーや、落ち着いた茶色のほうが、色糸との
       組み合わせでおもしろくなっていくのを見ていたので、今回は迷っちゃいました。
       でもけっきょく色のきれいなターコイズブルーに決定。
       そしたらみんなが口々に、『やっぱりね』『この色だと思った』と。
       なんで〜? そんなに私って、分りやすいですか〜?
       
       『あっというまにできちゃうかも』とmugi +1さんは言ってましたが、
       いえいえ、皆なかなかオリジナルな凝った革アップリケをほどこして
       いて、あんここちゃCAFEさんのチキンカレーの良い香りにお腹がクークー
       したり、『わたし先にランチいただいちゃいま〜す』という無邪気なW店長の声を
       小耳にはさみながらも作業は終わりません。
    
       でも、ようやくできたみんなの作品、どれもすごく可愛いです!

       
e0303187_17395740.jpg


       あんここちゃCAFEのランチやお茶をいただいてる間に、みんなのポーチの
       底に、mugi +1さんがビーズを縫い付けてくださいました。
       mugi +1さんの作品は、こういう小さなひと手間を惜しまないとこが
       魅力です。彼女のセンスや遊び心が満載なのに、甘くなりすぎないという
       のは天性のものですねー。
       ちいさな革の端切れや、色糸のあまりも捨てずにストックしてあって
       作品のちょっとしたポイントやタグに生かされてます。

e0303187_17535251.jpg

e0303187_17571145.jpg

e0303187_17591674.jpg



       ジャジャーン!これがわたしのミニポーチ。

e0303187_1842135.jpg

e0303187_1855642.jpg


       どうですかー?かわいいですねー?いい色ですねー?。。。。
       あれっ!? 今気づいたけれど、この色って、わたしのやきものの
       色と一緒ですねー。
       それでかー、私がこの色を選ぶだろうと皆が思ってたのは。
       うーむ、好きな色の潜在意識ってやつですねぇ。
e0303187_18251537.jpg


       あまりの空腹に前のめりになってたので、ランチ画像は撮り忘れ。 
       うつわ使いもステキなチキンカレーランチ、大好評でした。
       そのあとの八女茶の新茶、3煎目までいただいてしみじみ〜。
       手づくり羊羹に、鯛焼き模様の最中の皮が添えてあるのが 
       チャーミングでした。

       雨の日もまた楽し。。。の一日でした。
 
       

       
      









       

       

       
[PR]
by yasato8310 | 2013-05-21 18:42 | 日々 | Comments(0)
<< あかいつきのひ おどろうよ 種蒔き >>